スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

海上保安庁のS-76D巡視船搭載計画・韓国海洋警察がS-92導入

2月に海保の航空勢力にかかわる重大なニュースが発表された。S-76Dの発注である。

海上保安庁、シコルスキーS-76Dを4機を発注

シコルスキーと三菱商事は2012年2月14日、シンガポール・エアショーで日本の海上保安庁から4機のS-76Dを受注したことを発表しました。これらは先の大津波で破壊された機体の代替機とみられています。

海上保安庁ではこれまでも数機のS-76を使用してきましたが、今回発注したのはシリーズ最新型のS-76Dです。S-76DはエンジンをパワフルなP&Wカナダ製のPW210Sに換装し、全複合材製のローターブレードや、フランスのタレス社による統合されたグラスコクピットとオートパイロット、アクティブ制振装置、自己診断装置などを標準で装備しています。また、オプションでローターブレードの防氷装置も用意され、これにより全天候飛行能力も獲得します。

Japan Coast Guard Selects S-76D™ Helicopter for Search and Rescue Helicopter Program

February 14, 2012
SINGAPORE AIR SHOW, Singapore - Sikorsky Aircraft Corporation, a subsidiary of United Technologies Corp. (NYSE:UTX), and Mitsubishi Corporation have announced a contract with the Japan Coast Guard (JCG) for four S-76D™ helicopters, which will replace several JCG helicopters that were damaged in the tsunami of 2011.
The Japan Coast Guard has flown various legacy models of the Sikorsky S-76® helicopter for many years.

JCG_S76D.jpg


最初に挙げた記事にあるように、東日本大震災での被災損失機の代替と見る向きもあるようだが、事実はそうではないだろう。というのも既に、被災損失分については既に補充が始まっているからだ(関連するヘリ配置転換については別のエントリで纏める)。

S-76Dになるというのは以前のエントリで推測したとおりだった。いや、それ以前にS-76Dが次期ヘリコプターとして選定されたという話があった。

関連エントリ:海上保安庁が災害対応強化型巡視船艇を建造、新型ヘリも導入へ

s_76.jpg

海上保安庁はAW139を継続して調達中だ。ここでさらに新型ヘリを導入するとなれば異なる目的があると考えるのが筋だろう。AW139は海保の統一機種として採用されたが、実際にはPLH(ヘリ搭載型巡視船)に搭載された機体はない。海保は陸上基地機としてのAW139と巡視船搭載機としてのS-76Dの二本立てで航空勢力整備を図るということなのだろう。

S-76D.jpg
海上保安庁が4機を発注したS-76D

一方で、4機とその後の導入が進むと考えても、現行のPLH搭載機ベル212をすべて更新するには足りないし間に合わない。そのため、海保は既存の陸上配備機ベル412のPLH搭載を計画しているという。

1機搭載型PLHの後期建造型である「りゅうきゅう」「だいせん」についてはヘリ甲板・格納庫ともにベル412とS-76Cの搭載が考慮されていた。「りゅうきゅう」が11管区に配備される際にはベル412を搭載していたとされるが、実際には運用されず航空基地へのフェリーを行っただけだった。


※当エントリについて某所より連絡がありましたので一部記述を変更しています。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 巡視船 PLH ベル 412 シコルスキー 韓国 海洋警察庁

2012-05-07 : 海上保安庁 : トラックバック : 0
Pagetop

釜山・水営湾で日韓海上保安機関合同救難訓練を実施

表題の通り、釜山沖で海上保安庁と韓国海洋警察庁の合同捜索救助(SAR)訓練が行われた。日韓の海上保安機関による訓練は毎年恒例行事で、シンプン号事件や日本海呼称問題などで摩擦が起きた年にも、例年通り行われてきた。救難訓練のほか合同テロ対策訓練が行われる年もある。W杯直前には海保からSSTも参加しての本格的な対テロ訓練が今回と同じ海域において実施されたが、二国間の救難訓練としては初の韓国領海内での実施となるらしい。

今までは中間水域にて日帰りにて実施してきたため派遣される地元メディア(ほとんどの参加が七管所属の巡視船「ちくぜん」のため在福岡の報道機関)も同乗していたのだが、今回は泊りでの派遣となるため日本のメディアは来ていなかったのかもしれない。別便で釜山まで行って取材するほどの内容でもないということだろうか?

実際、今のところ報じているのは韓国メディアとその日本語版だけだ。

以下の記事では参加した巡視船「ちくぜん」とその搭載ヘリ福岡空港基地より飛来したヘリの様子がよく分かる。

韓日海上保安当局が救助訓練

 11日午前、水営湾(釜山市)で行われた韓日海洋警察合同捜索救助(SAR)訓練に参加した南海海洋警察庁のヘリや海上保安庁の救助隊などが、人命救助訓練を行った。


2011111200503_0.jpg

2011111200503_2.jpg

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 巡視船 PLH ベル 212 412 韓国 海洋警察庁 合同訓練

2011-11-12 : 海上保安庁 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。