スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

AIS監視衛星で本当に不審船を発見できる?

海上保安庁が領海やEEZにおける不審船等の監視のために人工衛星を運用するという報道があった。

このニュースだけを聞けば海保の監視衛星が打ち上げられると思われるかもしれない。実際、来年度には実証実験のために相乗りの小型衛星が打ち上げられるという。

不審船、衛星で監視…宇宙機構・海保開発

 宇宙航空研究開発機構と海上保安庁は共同で、日本の領海や排他的経済水域に侵入する不審船や密航船などを宇宙から監視するため、人工衛星を活用したシステム開発に乗り出す。

 来年度打ち上げる小型衛星で実験を始める。これまで航空機や船で監視していたが、衛星を使えば、より広い範囲を継続的に監視できると期待される。

海保は業務において様々な衛星を活用しているが、海保が主体となって運用する衛星は80年代にH-1で打ち上げられた測地実験衛星「あじさい」以来となるのではないだろうか。

測地実験衛星「あじさい」(EGS)(JAXA)

測地実験衛星「あじさい」(EGS)
(文部科学省)

「あじさい」は各地の水路観測所や可搬式レーザー測距器による観測によって離島の正確な位置を測定し、日本の領海やEEZの基点となる海洋測地網の整備に貢献した。現在も用途廃止にはなっていない。

関連エントリ:海保が衛星に対しレーザーを発射!?知られざる海保の任務


今回打ち上げられる「監視衛星」は、海洋や大気中の水蒸気の変化を観測する衛星「しずく」とともに打ち上げられるSDS-4を指している。

地球の水を「健康診断」 観測衛星「しずく」公開

 海洋や大気中の水蒸気など地球の水の状態を観測する水循環変動観測衛星「しずく」が10日、茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センターで報道陣に公開された。

 重さ約2トンの衛星で開発費180億円。高度700キロから、環境の変動を受けやすい海水の温度、海上の風速、海氷の面積、積雪などを観測する。後続の衛星も含めて10~15年観測し、気候変動のメカニズム解明に役立てる。

JAXA|小型実証衛星4型「SDS-4」

JAXAでは機器・部品などの新規技術を事前に宇宙で実証し、成熟度の高い技術を利用衛星や科学衛星に提供することを目的として小型実証衛星(SDS:Small Demonstration Satellite)プログラムを進めています。
小型実証衛星は大型衛星に比べて低コストかつ短い期間で開発できるため、様々な技術の軌道上実証・実験をタイムリーに進めることができるほか、設計から運用までの一連業務を若手職員が行うことで人材育成の場としても活用しています。
初号機である100kg級の小型実証衛星1型(SDS-1)は、2009年1月23日に打ち上げられました。SDS-4プロジェクトでは、H-IIAロケットの標準の相乗り小型衛星サイズである50kg級の小型衛星を開発し、第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)の相乗り小型副衛星としての打ち上げを予定しています。

つまり海保のための海洋監視衛星が打ち上げられるというよりは、低コスト短期間開発・運用を目指した小型実験衛星プラットフォームのテストミッションの一つとして、船舶監視が選ばれたというわけだ。

•衛星搭載船舶自動識別実験(SPAISE) : Space based Automatic Identification System Experiment
衛星搭載用のAIS受信システムの機能性能の確認、及び、実データによる混信状況の評価を行い、将来システムの構成や受信性能向上のための知見を獲得する。

sds4.jpg

小型実証衛星4型 SDS-4:Small Demonstration Satellite-4

sds4_ais.jpg


では、この衛星もしくは実用化される将来の衛星が冒頭のニュースの様に不審船や密航船の監視に大きな効果を与えるのだろうか。

それはすこし期待しすぎかもしれない。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 領海警備 EEZ 違法漁船 水路観測所 人工衛星

2012-03-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

海保が衛星に対しレーザーを発射!?知られざる海保の任務

ちょうど一週間ほど前、海上保安庁の施設から軌道上の人工衛星にレーザーが発射された。
といっても、中国の対衛星攻撃基地のような話ではない。

中国が対衛星レーザー兵器を新疆ウイグル自治区の天山山脈に配備か―米誌

2011年10月8日、米誌ワイアード(電子版)は、中国が新疆ウイグル自治区の天山山脈に対衛星レーザー兵器を密かに配備している可能性が高いと報じた。参考消息(電子版)が伝えた。以下はその概略。

中国はすでに宇宙空間の支配権をめぐる軍事競争に参加しており、これに勝つため、対衛星攻撃用のレーザー兵器を密かに研究・開発している。さらに衛星画像の解析で、こうした兵器が新疆ウイグル自治区の天山山脈一帯に配備されていることはほぼ間違いないことが分かった。

1318669211749.jpg
REDLITE1.gif



海上保安庁の保有する観測施設である下里水路観測所から、使命を終えた人工衛星「だいち」に感謝の気持ちとして送られたのだ。

海上保安庁から「だいち」(ALOS)へラストメッセージとしてレーザー光線が伝達されました

 10月18日、宇宙利用ミッション本部及び「だいち」(ALOS)の多年にわたる海上保安庁への海氷衛星画像提供に対して感謝の気持ちを伝えるために、海上保安庁から5月に運用を停止し地球周回軌道を回っている「だいち」に向けてレーザー光線が伝達されました。
 人工衛星のレーザー測距観測を行なっている海上保安庁の下里水路観測所において、JAXAから提供された軌道データを基に「だいち」に向けてレーザー光線を発射し、 「だいち」に取り付けられた反射プリズムからの反射信号を受信しました。 海上保安庁から送られた「だいち」の貢献に対する感謝の気持ちは無事届けられました。


人工衛星にラストメッセージ!

 第一管区海上保安本部は、平成18年度から5年間にわたり海上保安庁に対する海氷衛星画像提供に貢献した「だいち」に対して、感謝状を贈呈しましたが、直接感謝の気持ちを伝えるために、海図作成の基準点として人工衛星のレーザー測距観測を実施している下里水路観測所から「レーザー光線」を発射、伝達する作戦をJAXA協力の下、計画しました。
 JAXAの事前解析では既に運用を停止し、地球周回軌道を回っている「だいち」へのレーザー測距が成功する確率は極めて低いものでしたが、今回成功するに至り、長年の当庁業務に対する協力への感謝の気持ちを伝えることができました。


海上保安庁が人工衛星にレーザーを発射するというのは不思議に思われるかもしれない。しかし、これは海図を作るうえできわめて重要な業務なのである。地図・海図を作るのには自分の位置を正確に知ることが必要だ。現在、海図の作成は世界共通の世界測地系という基準の下で行われている。そこに必要な経緯度の基準点を決めるのにもっとも正確な方法とされているのがSLR観測だとされている。

人口衛星レーザー測距観測(下里水路観測所)

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 海洋情報部 水路観測所 レーザー 人工衛星 東日本大震災

2011-10-26 : 海上保安庁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。