スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

この国にはユメもキボーもありゃしない。新規採用と給与の削減

先日、海上保安大学校の練習船「こじま」が遠洋航海に出港した。

練習船「こじま」が遠洋航海へ出港

jcga_kojima.jpg

 海上保安大学校の練習船「こじま」(2950総トン、藤井康志船長ら乗組員43人)が7日、呉市若葉町の同校桟橋から世界一周の遠洋航海に出港。在校生や家族、地元の園児らが帽子を振るなどして見送った。船舶運航の実技習得と国際感覚を養うため、専攻科実習生ら41人が乗船。太平洋を横断し、地中海、インド洋を経て8月11日に帰港予定だ。瓜生晴彦校長は出港式で「東日本大震災で各国から寄せられた支援への感謝の気持ちや、復興に向け着実に前進していることを伝え、役目を果たしてきてほしい」と激励した。


航海技術習得へ練習船出航

Tn20120508014501.jpg

 呉市の海上保安大学校の練習船こじま(2950トン)が7日、97日間、約4万7千キロに及ぶ世界一周の航海実習に出発した。3月に本科を卒業した実習生37人や選抜された海上保安官4人が航海技術などを学ぶ。

 出港式では、瓜生晴彦学校長が「知識・技能の一層の習得と指揮統率力の涵養(かんよう)に努め、国際人として成長も図ってほしい」と激励。実習生代表の天野優香さん(22)が「国民に信頼される海上保安官になるための素養を高めたい」とあいさつした。

学校長の激励の中で東日本大震災に触れているが、実は海保大・本科専攻科学生の中にははその被災地に赴いていた者もいる。もちろん卒業前なので実務・実際の救援活動ではない。日本財団と学生団体が行ったボランティア活動だ。

東日本大震災における学生ボランティア参加(平成23年4月29日~5月3日)
東日本大震災における学生ボランティア参加(平成23年6月3日~6月7日)
専攻科 東日本大震災復興ボランティア参加(平成23年8月29日)

【ボランティア 被災地通信】Vol.1 規律ある海上保安大学校生
学生ボランティア その1-日本財団会長 笹川陽平ブログまた、海上保安学校からもボランティアへの参加があった。

被災地でボランティア、海保学生が活動報告 舞鶴

ちなみに、このボランティア活動によってほかの大学・高校等から来た学生にも海上保安体操が広まっていったという。

今回遠洋航海に出た学生の中には卒業後、被災地へと配属される海上保安官もいることだろう。
震災は海保にとって被害と苦難を与えただけではない。

海上保安学校では受験者数が過去最多となった。一時期の海猿ブームでも見られなかった現象である。

海上保安学校、受験者最多…震災で「役立ちたい」

 海上保安官を養成する海上保安学校の今年度秋採用試験の受験者数が約6800人と過去最多になったことが、海上保安庁のまとめでわかった。

 なかでも第3管区海上保安本部(3管)が管轄する自治体の受験者数はほぼ倍増しており、公務員人気に加え、東日本大震災で海保の活動が関心を集めたと見られる。

 同庁によると、採用試験は全国11管区の海上保安部が所在している都市で行われる。2011年度秋採用試験の受験者数は6812人で前年度比15%増加。うち3管の保安部が置かれている東京都と横浜・静岡両市は981人で同91%増の最大の伸びとなった。

 3管人事課によると、採用試験の面接で「震災で、人の役に立ちたいと思った」と志望理由を語る受験者もいるという。

震災が、受験希望者に新たな決意を与えたともいえる。

入学生の中にはこうした固い意志を持った者が数多くいると信じたい。

海上保安学校:入学式 女子46人、過去最多--舞鶴 /京都

 舞鶴市長浜の海上保安学校で13日、4月期の入学式が行われた。船舶運航システム、航空、情報システム、海洋科学の4課程の計194人が海上保安官としての第一歩を踏み出した。女子学生の入学は過去最高の46人。

 新入生らは在校生と共に校門前の桜の下を分列行進し、来賓や保護者に晴れ姿を披露した。

就職難からの公務員志向・安定志向の結果だという声もあるが必ずしもそうではない。実際に今回、入学した若者の中には津波で父親を亡くした震災遺児も含まれるのだ。

「海で命救う」海保目指す 震災遺児、ロスで支援訴え

 東日本大震災の津波で父親を亡くし、今春、宮城県の高校を卒業してあしなが育英会の支援で進学予定の男女2人が13日、ロサンゼルスで開かれた大震災の追悼行事で震災遺児への継続的な支援を呼び掛けた。

 同県美里町の佐藤大地さん(18)の父親、直さん=当時(51)=は地震直後に仙台市内の老人ホームで避難を手伝った後で津波に襲われ、10日後に遺体で見つかった。

 佐藤さんは海で働くことを意識するようになり、4月に海上保安学校(京都府舞鶴市)に入学予定。将来は、厳しい訓練を経た潜水士らが所属する特殊救難隊を目指す。



3.11東日本大震災1周年 ―津波遺児支援のための一年間の歩み―

佐藤君は今春、海上保安大学校に入学して救命ダイバーを目指して勉強しています。父親を奪った海に立ち向かい、将来また津波が日本を襲ったとき、犠牲になった人たちの遺体を一体でも多く捜し出して、家族の元に反してあげたいという思いから猛勉強して、10倍の難関を突破して入学を果たしました。


メディアではほとんど大きく報じられていない被災地での海上保安庁の活動だが、現地ではその懸命な姿が焼き付けられているのだろう。

一方で、この国の政治家にその姿は届いていない。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 練習船 「こじま」 東日本大震災

2012-05-12 : 海上保安庁 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

最悪の結末。巡視船(練習船)「みうら」船長が自殺

関連エントリ:相次ぐ海保の不祥事、ついに事故で死者が・・・

海保船長が自殺=石川・輪島のタグボート事故

 石川県の輪島港で9月、海上保安学校(京都府舞鶴市)の練習船「みうら」をえい航していたタグボートが転覆し、2人が死亡した事故で、練習船の男性船長(59)がさいたま市見沼区の自宅で死亡していたことが13日、分かった。埼玉県警によると、自殺とみられる。船長の遺体は同日朝、見つかった。



自らの責任は死を持って償うべきではない。海上保安官だからこそ、多数の学生を預かる身だったからこそ、もっと別の責任のとり方があったはずだ。 このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 巡視船 練習船 「みうら」 船舶事故

2011-10-13 : 海上保安庁 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

相次ぐ海保の不祥事、ついに事故で死者が・・・

このところ海上保安官の不祥事・犯罪が相次いでいる。

海上保安官を傷害容疑で逮捕=地下鉄駅で男性殴る-大阪府警
海上保安官がエスカレーター逆行し男性殴る

金沢海保の職員 飲酒運転で停職
海上保安官酒気帯び停職2か月

上記2件はいずれも個人での職務外でのものだが、より深刻なのは業務に関係するものである(だからといって、上記2件が軽いものであるというわけではない)。

横浜海上保安部の57歳男性職員、海上保安官手帳を紛失し懲戒処分(記事削除)

この件では転勤の際のゴミにまぎれたということなので、外部に流出した危険性は低いが、少し前にもUSCG訪問予定の海上保安官が用意していた制服を置き引きされたという事件もあった。
海上保安庁ではこのような流出した備品を使った犯罪が大きな問題となったことはない(マニアによる船内備品の窃盗や転売、払い下げ巡視艇の悪用は例がある)が、警察では最近暴力団対策の捜査車両が盗難され犯罪に使われたという。


さらには、これら個人での犯罪とは異なる重大な不祥事、組織としての業務を行っている際の事故がおきてしまった。
しかも、死者まで出ている。

石川・輪島港で転覆、2人死亡 海保の船えい航中

 19日午前7時半ごろ、石川県輪島市の輪島港で、タグボート第12喜多丸(19トン)が転覆し、輪島市気勝平町、船長水谷一義さん(63)と同市杉平町、乗組員広瀬若光さん(46)の2人が海に投げ出された。七尾海上保安部や地元消防が捜索し、2人は救助されたが、水谷さんは間もなく死亡、広瀬さんも搬送先の病院で死亡が確認された。

 海保によると、第12喜多丸は別のタグボートとともに、海上保安学校(京都府舞鶴市)の練習船みうら(約3千トン)をえい航していた。第12喜多丸が船首、別のタグボートが船尾をロープでつないでいた。

20110919-302563-1-L.jpg
転覆した第12喜多丸、奥の海上には巡視船「みうら」

通常、大型巡視船はバウスラスタなどがあり自力出港が可能だ。
例外としては慣れていない港、観閲式などで「上乗せ客」が多数いる場合などで曳船が使用される。

今回の場合、天候が悪く自力出港が出来なかったという。

タグボート転覆2人死亡=海保練習船の出港作業中-石川

 七尾海上保安部によると、事故当時は風雨が強く、練習船が自力で出港できなかったため、タグボートが練習船を沖へ引き出す作業をしていた。


「みうら」は地元海上保安部から捜査を受ける立場となってしまったのである。

20110920-316352-1-L.jpg


タグボート転覆、海保が練習船船長らを事情聴取

 石川県輪島市の輪島港で海上保安学校の練習船「みうら」を引航していたタグボートが転覆し、乗組員2人が死亡した事故で、七尾海上保安部は20日午前、業務上過失致死の疑いもあるとして、七尾港に入港した練習船の船内で篠原武次船長(59)らから当時の状況などについて事情聴取を始めた。

 輪島港を出発した練習船は20日午前8時前、七尾海保がある七尾港に到着。海保職員が船内に乗り込み、写真を撮影するなどした。同日中にも、練習船と、輪島港で転覆したまま係留されているタグボートの実況見分が行われる見通し。


目撃者は索がつながった状態で「みうら」が動き出したせいで転覆したと証言しているが、本来それはありえない。そんなことをすれば作業している乗員にも危険が及ぶ。

練習船、引航中に動き出す?

 輪島市の輪島港で海上保安学校の練習船を引航していたタグボートが転覆し、乗組員2人が死亡した事故で、練習船とタグボートをつなぐロープを外す前に、練習船が自力で動き出したという目撃証言があることが20日、わかった。七尾海上保安部は「ロープがかかっている間は、引航されている船が自力航行することは危険で、基本的にはあり得ない」としており、事故原因を慎重に調べている。

 目撃した男性によると、練習船「みうら」は、「第十二喜多丸」などタグボート2隻にロープで引航されている最中、前進し始め、その後、第十二喜多丸が転覆したという。一方で、タグボートを所有する同市の建設会社「喜多組」幹部は、居合わせた社員の聞き取りから、「ロープでつながっている間に、練習船か波によって何らかの負荷がかかり、転覆した」との見方を示した。

 同海保は「引航される船は自力航行するとタグボートを巻き込む恐れがあるため、(車のギアで言えば)ニュートラル状態で、自ら動くことはない」と説明。「岸壁から離れた後、ロープを外し、タグボートが安全な位置まで離れたことを確認し、動き出すのが常識」としている。

輪島のタグボート転覆事故:練習船の実況見分 業務上過失致死の疑いも /石川

 同海保によると、事故当時は北東から風速10~12メートルの風が吹き、波の高さは約2メートルだった。県漁協輪島支所は、天候と海の状況から事故現場付近での漁を見合わせていた。同支所関係者は「事故現場付近は北東からの波に対する防波堤がなく、波が高くなっていた可能性がある」と指摘する。輪島港では現在、北東からの波に対する防波堤を建設している。

 事故の様子を見ていたというタグボートを所有する港湾工事会社の担当者は「ボートは波のため左右に傾くなどしていて、急に転覆した。作業を要請された時点では大きな波風はなく、現場も防波堤内のため、事故が起きるとは思わなかった」と話した。

 練習船の所属する海上保安学校は「亡くなった方のご冥福を祈ります。出航は船長の判断であり、捜査結果が明らかになるまでコメントできない」としている。


会社側が見るとおり、タグボートが直接悪天候の波で転覆したか、波を受けた「みうら」から索で引っ張られてしまったのではないだろうか。今回転覆した第12喜多丸は19トンと、タグボートとしてもかなり小型の部類に入るように思われる。

ボート転覆「危険予測できたはず」

 輪島港で起きたタグボート転覆事故で、海上保安学校の練習船「みうら」が、悪天候の中で出港を決め、タグボートに引航させたことに、地元漁業関係者などから疑問の声が相次いでいる。

 同港は北東の風の影響を受けやすく、対策として国が新たな防波堤を建設中だったが、事故当時も北東から強い風が吹いていた。「危険は予測できたはず」との批判も多く、七尾海上保安部が事故原因を究明する過程で、焦点の一つとなりそうだ。

 「輪島港では、防波堤のない北東からの風は危険と誰もが知っていた。なぜ天候が悪化する前に沖に停泊しなかったのか」。県漁協輪島支所の岩崎富作支所長(64)は首をかしげる。

今回の場合、巡視船といっても書く報道で書かれているように実質「練習船」だ(海保には「練習船」という正式な分類はない)。
ただ「みうら」は「いず」と同様、災害対応型巡視船であるため、洋上実習業務だけでなく災害救援などの任務もこなしている。「いず」「みうら」は東日本大震災の救援活動にも従事していた。

関連エントリ:阪神大震災が海上保安庁に与えた影響、「病院船」騒動の顛末
災害救援中でも事件事故は待ってくれない

今回の場合、練習船としての出港であったわけだから、また微妙な扱いになるが、「危険予測できた」から出港しなかったという判断を巡視船が行うわけにはいかないだろう。つまり、巡視船であれば危険であろうとなんだろうと出港しなければならないわけだ。また、練習船だからこそ学生たちに悪天候を経験させる必要があると運航・教官側が考えたこともありうる。

 同市の漁業関係の男性は「北東の風が吹くと波は高くなる。練習船もプロなので分かっていて当然だと思うが、本来はもう少し早く離岸すべきだった」と疑問を投げかけた。


今回、悪天候で出港を早めたというがその判断が遅かったのではないか、というわけだ。判断が遅れたせいで、自力出港が出来なくなっていたわけで、だからこそタグボートが事故にあったということになる。

転覆ボート実況見分

 輪島市の輪島港で海上保安学校の練習船「みうら」を引航していたタグボートが転覆し、乗組員2人が死亡した事故で24日、悪天候で延期していたタグボート「第十二喜多丸」の引き揚げ作業と、七尾海上保安部による実況見分が行われた。

 作業は午前8時50分から始まった。第十二喜多丸を所有する建設会社「喜多組」が2台のクレーンを使い、海から引き揚げ、甲板にがれきが散乱したタグボートの全容があらわになった。

 七尾海保の職員らは、船内に乗り込むと、船体の大きさや、かじの方向など事故当時の状況を調査。海上では、別の職員が、タグボートから流出した重油の回収処理を行った。 


20110925-408637-1-L.jpg


乗組員の事情聴取終わり 練習船が出港

輪島港で海上保安学校の練習船「みうら」の出港作業にあたっていたタグボートが転覆した事故は、発生から8日が経った。乗組員への事情聴取がほぼ終わったため、「みうら」は京都府舞鶴市に向けて出港した。

「みうら」は七尾港に停泊し、乗組員への事情聴取が行われていたが、その事情聴取がほぼ終わったとして27日午後、京都府舞鶴市にある海上保安学校に向けて出港した。一方、事故があった輪島港ではこの日、引き揚げられたタグボートの実況見分が行われた。海上保安部では今後、乗組員からの供述を精査し、裏付けを取るなどして詳しい事故の原因を調べる方針。


今回の事故は死者まで出ており、本来ならば関門マーチスの管制以上のマスコミ攻勢があったとしてもおかしくはない。しかし、大きく報道したのは地元メディアがほとんどであった。

不謹慎な言い方かもしれないが、これが自衛艦による事故だったらマスコミはどのように反応していただろうか? このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 巡視船 練習船 「みうら」 船舶事故

2011-09-27 : 海上保安庁 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。