スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「海上保安の日」と「海上保安レポート2012」

先日12日は「海上保安の日」だった。以前の海上保安庁開庁記念日である。

海上保安庁発足(1948)

1948年(昭和23)5月1日、海上保安庁が運輸省(現在は国土交通省に統合)の外局として開庁しました。そして12日に、初代長官大久保武雄(1903-1996)の手で庁旗が掲揚されたのですが、海上保安庁では発足した1日ではなく、この庁旗が掲揚された12日を開庁記念日として祝ってきており、それにちなんで海上保安の日も5月12日になっています。

昨年は震災対応で関連イベントどころではなかったが、今年は各地で開催されている。

操舵室に歓声 高松「海上保安の日」 市民ら体験航海

 「海上保安の日」の12日、高松海上保安部(高松市)は、海の安全と環境を守る業務への理解を深めてもらおうと、市民らを招いた巡視艇の体験航海を開いた。家族連れらが操舵(そうだ)室を見学し、瀬戸内海の島々を眺めながら約1時間の高松沖の船旅を楽しんだ。

 海上保安の日は、昭和23年5月に海上保安庁が創設されたことにちなみ、平成12年に制定。この日に合わせ、保安部の役割や活動をPRする記念行事を行っている。

 体験航海は2回行われ、約100人が参加。高松港で同保安部所属の巡視艇「くりなみ」(113トン)、「ことなみ」(64トン)の2隻に乗船した。

海保の日友ヶ島灯台公開 紀淡海峡の道しるべに160人

「海上保安の日」の12日、和歌山市加太沖友ヶ島の「友ヶ島灯台」が一般公開された。訪れた約160人は、日頃は入ることの出来ない建物の内部や灯火を興味深そうに見て回っていた。

 友ヶ島灯台は、四つの島からなる友ヶ島の中で最も大きな沖ノ島の西端にある。1872年(明治5年)に建設されてから140年となり、紀淡海峡の道しるべの役割を果たしている。

 訪れた人たちは、灯台内部にある幅約40センチ、高さ約2メートルの鉄製のはしご2本を登り、踊り場から見える淡路島など紀伊水道の景色を堪能。灯台前では、日付などが入った参観記念証を受け取ったり、海上保安庁の制服を着て記念写真を撮ったりしていた。

今年は、観閲式及び総合訓練も無事行われるだろう。

海上保安庁、観閲式および総合訓練の一般公募 - 6月実施

海上保安庁では、「海上保安の日(5月12日)」記念行事の一環として6月2日(土)と3日(日)に、東京湾羽田沖で海上保安庁観閲式及び総合訓練を実施する。巡視船艇や航空機によるパレード、海難救助訓練など、「通常では目にする機会の少ない海上保安庁の業務をより多くの方にご理解いただくため」として、同庁では両日合わせて2000人を一般公募により招待する。

平成24年度海上保安庁観閲式及び総合訓練の実施について

今年の諸外国からのゲストは何になるのか期待される。おととしはUSCGからHC-130が参加した。2010年には中国の海巡21が来日したが、その後、尖閣諸島での衝突を経て日中関係が悪化、今年の参加はあまり考えられない。個人的にはUSCGのバーソルフ級カッターの参加を期待したいのだが・・・


そうした「海上保安の日」だが、被災地ではこの日も捜索活動が続けられていた。

20120512-713522-1-L.jpg
福島県南相馬市沖で捜索を行う海上保安庁の巡視船(左)(12日午後)=菅野靖撮影

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 領海警備 東日本大震災

2012-05-15 : 海上保安庁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

この国にはユメもキボーもありゃしない。新規採用と給与の削減

先日、海上保安大学校の練習船「こじま」が遠洋航海に出港した。

練習船「こじま」が遠洋航海へ出港

jcga_kojima.jpg

 海上保安大学校の練習船「こじま」(2950総トン、藤井康志船長ら乗組員43人)が7日、呉市若葉町の同校桟橋から世界一周の遠洋航海に出港。在校生や家族、地元の園児らが帽子を振るなどして見送った。船舶運航の実技習得と国際感覚を養うため、専攻科実習生ら41人が乗船。太平洋を横断し、地中海、インド洋を経て8月11日に帰港予定だ。瓜生晴彦校長は出港式で「東日本大震災で各国から寄せられた支援への感謝の気持ちや、復興に向け着実に前進していることを伝え、役目を果たしてきてほしい」と激励した。


航海技術習得へ練習船出航

Tn20120508014501.jpg

 呉市の海上保安大学校の練習船こじま(2950トン)が7日、97日間、約4万7千キロに及ぶ世界一周の航海実習に出発した。3月に本科を卒業した実習生37人や選抜された海上保安官4人が航海技術などを学ぶ。

 出港式では、瓜生晴彦学校長が「知識・技能の一層の習得と指揮統率力の涵養(かんよう)に努め、国際人として成長も図ってほしい」と激励。実習生代表の天野優香さん(22)が「国民に信頼される海上保安官になるための素養を高めたい」とあいさつした。

学校長の激励の中で東日本大震災に触れているが、実は海保大・本科専攻科学生の中にははその被災地に赴いていた者もいる。もちろん卒業前なので実務・実際の救援活動ではない。日本財団と学生団体が行ったボランティア活動だ。

東日本大震災における学生ボランティア参加(平成23年4月29日~5月3日)
東日本大震災における学生ボランティア参加(平成23年6月3日~6月7日)
専攻科 東日本大震災復興ボランティア参加(平成23年8月29日)

【ボランティア 被災地通信】Vol.1 規律ある海上保安大学校生
学生ボランティア その1-日本財団会長 笹川陽平ブログまた、海上保安学校からもボランティアへの参加があった。

被災地でボランティア、海保学生が活動報告 舞鶴

ちなみに、このボランティア活動によってほかの大学・高校等から来た学生にも海上保安体操が広まっていったという。

今回遠洋航海に出た学生の中には卒業後、被災地へと配属される海上保安官もいることだろう。
震災は海保にとって被害と苦難を与えただけではない。

海上保安学校では受験者数が過去最多となった。一時期の海猿ブームでも見られなかった現象である。

海上保安学校、受験者最多…震災で「役立ちたい」

 海上保安官を養成する海上保安学校の今年度秋採用試験の受験者数が約6800人と過去最多になったことが、海上保安庁のまとめでわかった。

 なかでも第3管区海上保安本部(3管)が管轄する自治体の受験者数はほぼ倍増しており、公務員人気に加え、東日本大震災で海保の活動が関心を集めたと見られる。

 同庁によると、採用試験は全国11管区の海上保安部が所在している都市で行われる。2011年度秋採用試験の受験者数は6812人で前年度比15%増加。うち3管の保安部が置かれている東京都と横浜・静岡両市は981人で同91%増の最大の伸びとなった。

 3管人事課によると、採用試験の面接で「震災で、人の役に立ちたいと思った」と志望理由を語る受験者もいるという。

震災が、受験希望者に新たな決意を与えたともいえる。

入学生の中にはこうした固い意志を持った者が数多くいると信じたい。

海上保安学校:入学式 女子46人、過去最多--舞鶴 /京都

 舞鶴市長浜の海上保安学校で13日、4月期の入学式が行われた。船舶運航システム、航空、情報システム、海洋科学の4課程の計194人が海上保安官としての第一歩を踏み出した。女子学生の入学は過去最高の46人。

 新入生らは在校生と共に校門前の桜の下を分列行進し、来賓や保護者に晴れ姿を披露した。

就職難からの公務員志向・安定志向の結果だという声もあるが必ずしもそうではない。実際に今回、入学した若者の中には津波で父親を亡くした震災遺児も含まれるのだ。

「海で命救う」海保目指す 震災遺児、ロスで支援訴え

 東日本大震災の津波で父親を亡くし、今春、宮城県の高校を卒業してあしなが育英会の支援で進学予定の男女2人が13日、ロサンゼルスで開かれた大震災の追悼行事で震災遺児への継続的な支援を呼び掛けた。

 同県美里町の佐藤大地さん(18)の父親、直さん=当時(51)=は地震直後に仙台市内の老人ホームで避難を手伝った後で津波に襲われ、10日後に遺体で見つかった。

 佐藤さんは海で働くことを意識するようになり、4月に海上保安学校(京都府舞鶴市)に入学予定。将来は、厳しい訓練を経た潜水士らが所属する特殊救難隊を目指す。



3.11東日本大震災1周年 ―津波遺児支援のための一年間の歩み―

佐藤君は今春、海上保安大学校に入学して救命ダイバーを目指して勉強しています。父親を奪った海に立ち向かい、将来また津波が日本を襲ったとき、犠牲になった人たちの遺体を一体でも多く捜し出して、家族の元に反してあげたいという思いから猛勉強して、10倍の難関を突破して入学を果たしました。


メディアではほとんど大きく報じられていない被災地での海上保安庁の活動だが、現地ではその懸命な姿が焼き付けられているのだろう。

一方で、この国の政治家にその姿は届いていない。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 練習船 「こじま」 東日本大震災

2012-05-12 : 海上保安庁 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

海上保安庁のS-76D巡視船搭載計画・韓国海洋警察がS-92導入

2月に海保の航空勢力にかかわる重大なニュースが発表された。S-76Dの発注である。

海上保安庁、シコルスキーS-76Dを4機を発注

シコルスキーと三菱商事は2012年2月14日、シンガポール・エアショーで日本の海上保安庁から4機のS-76Dを受注したことを発表しました。これらは先の大津波で破壊された機体の代替機とみられています。

海上保安庁ではこれまでも数機のS-76を使用してきましたが、今回発注したのはシリーズ最新型のS-76Dです。S-76DはエンジンをパワフルなP&Wカナダ製のPW210Sに換装し、全複合材製のローターブレードや、フランスのタレス社による統合されたグラスコクピットとオートパイロット、アクティブ制振装置、自己診断装置などを標準で装備しています。また、オプションでローターブレードの防氷装置も用意され、これにより全天候飛行能力も獲得します。

Japan Coast Guard Selects S-76D™ Helicopter for Search and Rescue Helicopter Program

February 14, 2012
SINGAPORE AIR SHOW, Singapore - Sikorsky Aircraft Corporation, a subsidiary of United Technologies Corp. (NYSE:UTX), and Mitsubishi Corporation have announced a contract with the Japan Coast Guard (JCG) for four S-76D™ helicopters, which will replace several JCG helicopters that were damaged in the tsunami of 2011.
The Japan Coast Guard has flown various legacy models of the Sikorsky S-76® helicopter for many years.

JCG_S76D.jpg


最初に挙げた記事にあるように、東日本大震災での被災損失機の代替と見る向きもあるようだが、事実はそうではないだろう。というのも既に、被災損失分については既に補充が始まっているからだ(関連するヘリ配置転換については別のエントリで纏める)。

S-76Dになるというのは以前のエントリで推測したとおりだった。いや、それ以前にS-76Dが次期ヘリコプターとして選定されたという話があった。

関連エントリ:海上保安庁が災害対応強化型巡視船艇を建造、新型ヘリも導入へ

s_76.jpg

海上保安庁はAW139を継続して調達中だ。ここでさらに新型ヘリを導入するとなれば異なる目的があると考えるのが筋だろう。AW139は海保の統一機種として採用されたが、実際にはPLH(ヘリ搭載型巡視船)に搭載された機体はない。海保は陸上基地機としてのAW139と巡視船搭載機としてのS-76Dの二本立てで航空勢力整備を図るということなのだろう。

S-76D.jpg
海上保安庁が4機を発注したS-76D

一方で、4機とその後の導入が進むと考えても、現行のPLH搭載機ベル212をすべて更新するには足りないし間に合わない。そのため、海保は既存の陸上配備機ベル412のPLH搭載を計画しているという。

1機搭載型PLHの後期建造型である「りゅうきゅう」「だいせん」についてはヘリ甲板・格納庫ともにベル412とS-76Cの搭載が考慮されていた。「りゅうきゅう」が11管区に配備される際にはベル412を搭載していたとされるが、実際には運用されず航空基地へのフェリーを行っただけだった。


※当エントリについて某所より連絡がありましたので一部記述を変更しています。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 巡視船 PLH ベル 412 シコルスキー 韓国 海洋警察庁

2012-05-07 : 海上保安庁 : トラックバック : 0
Pagetop

日本側海域における海監の行動が本格化?繰り返し海保測量船を妨害

今回の海監はしつこい。

こう数日おきに現われては中止要求を繰り返すのは初めてのことだ。

海保調査に再び中止要求=中国政府船、日本のEEZで-沖縄

 28日午後7時45分ごろ、沖縄・久米島から北西約140キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で、海洋調査を行っていた海上保安庁の測量船「昭洋」と「拓洋」に中国政府船「海監66」が接近し、調査の中止を要求した。中国側から同様の要求があったのは今月19日に続いて今年2回目で、通算4回目となった。

どうしても、海保による調査活動を辞めさせたい事情があるのだろう。

しかも、今回姿を現した海監の1隻は海保にとって屈辱的な存在でもある。

20120229-00000058-jijp-000-0-view.jpg

 海上保安庁海洋調査課によると、海監66は約10分間、日本の測量船に無線で「あなたたちが調査しているのは中国の水域だ。調査を中止せよ」と繰り返し伝えた後、約800メートルまで接近した。別の中国政府船「海監46」も付近で確認された。

「海監46」は同51とともに2009年に尖閣諸島の領海内に侵入。海保巡視船が追跡した船である。

◆中国海洋調査船「海監46号、海監51号」による尖閣諸島領海内侵入事案(平成20年12月8日)(海上保安レポート2010年版)

014_01.gif

関連エントリ:領海侵犯した中国船はただの調査船ではない -中国の沿岸警備組織・海監総隊-



当時の日本メディアはこの2隻の「海監」を監視船ではなく「調査船」であると報じ(実際に海洋調査装備もあるが)、ほとんど脅威とは捉えていなかった。中国側が「監視船による法執行」と報じているにもかかわらずである。

それが今やこの状況だ。

巡視船で海監を追跡し退去を呼びかけていた海保が、今度は(測量船だが)追われる立場となった。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 測量船 中国 海監 尖閣諸島 東シナ海 EEZ

2012-03-03 : 海上保安庁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

海上保安庁に陸上警察権が付与される意味

海保の警察権強化へ 立ち入り検査せず退去命令

 沖縄県・尖閣諸島付近で2010年9月、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件などを受け、領海の海上警察権を強化する外国船舶航行法と海上保安庁法の改正案が14日、判明した。正当な理由なく領海で停泊、周回する外国船に対し、海上保安庁が立ち入り検査を省略して退去を命令できる権限を明記。違反者は懲役1年以下か罰金50万円以下とする。遠方の無人離島での不法侵入や破壊行為には、警察官に代わって海上保安官らに捜査権を与える規定も盛り込んだ。

 現行の外国船舶航行法は、天候悪化といった理由がないのに領海内で停泊、周回する行為を禁じているが、立ち入り検査で理由を確かめないと退去を命じられない。

 しかし荒天時や大量の船が押し寄せるようなケースでは立ち入り検査が困難なため、船の外観や乗組員の行動から違反と判断すれば、検査なしで停泊の中止などを勧告できる仕組みを新設。従わない船には退去を命じ、船長らには罰則を科す。

 海保による任意の「質問権」の対象は乗組員と乗客に限られているが、過激な環境保護団体による妨害行為、密輸事件の陸上での見張りなどを念頭に、船の所有者や借用人ら陸上の関係者からの事情聴取を可能にする。

 海保は内部規則も見直し、放水銃など新型機材の使用規則を定め、積極的に使用できる環境を整える。

近頃、「海上保安庁の警察権強化」という言葉が再び世間をにぎわせている。どうやら海上保安庁の改正案がいよいよ閣議決定を経て国会に提出されるらしい。この「強化」が検討されたのは言うまでもなく尖閣諸島での漁船衝突事故がきっかけだ。

海保法改正案を閣議決定

 政府は28日、海上保安官が海上だけでなく本土から遠い無人島など一部陸上でも捜査、逮捕権を行使できる規定などを盛り込んだ海上保安庁法改正案を閣議決定した。犯罪に対処する保安官の権限を見直し、沖縄・尖閣諸島など国境付近の離島における外国人の不法上陸などにも迅速に対応できるようにする。



この「警察権強化」問題については旧ブログ時代から取り扱っており、「権限強化」には程遠い実効性の薄さと問題点について指摘してきた。

関連エントリ:優れた戦略は銃撃を回避し紛争を防ぐ
具体性のない海上保安庁法見直し議論
知らないのは時事なのか馬渕大臣なのか・・・。
鳴り物入りではじまった「海上警察権見直し」の正体
目新しさの無い「領海警備」「海上警察権」の強化

すなわち、検査なしでの退去命令は海上警察権の強化どころか放棄にも繋がりかねないし、陸上での捜査権は既存の庁法でも可能な部分が大きかった。

そうしたこともあってか、海上保安庁が行った「海上警察権のあり方について(中間とりまとめ)」では、事案発生前の「退去命令」よりも事案発生後の「停船のための強制手段」のほうが重点的に検討されていた。

関連エントリ:問題となっているのは「武器の使用」ではなく「体当たり」での停船措置か?
(海保巡視船に装備されたLRADについて):とある海保の超音波砲

また、将来を見据えた体制整備として装備の強化がうたわれていた。・・・が、現在建造中の「しきしま」級増強のみならず、それに準じた新型の整備やジェット機の増強など、今までの海保の整備状況から考えると現実感・実現性の極めて乏しい内容だった。いわば、政治主導ではじまった「海上警察権の見直し」への海保の姿勢がよく現われているといえた。

関連エントリ:新「しきしま」級に続き、準「しきしま」級・新型ジェット機増強へ

ところが先月末より、再び「海保の警察権強化」という言葉がニュースをにぎわせたのである。その内容は、海上保安官が陸上での犯罪に対応して逮捕が可能となるという海上保安庁法改正案だった。

離島でも海保に逮捕権=不法上陸に対応-国交省

 海上保安官に与えられている現在の海上警察権は、陸上での犯罪行為には適用されない。そのため、2004年に尖閣諸島に中国人活動家が不法上陸した事件では、警察官がヘリコプターで現場に到着するまで海上保安官は活動家を逮捕できない事態が発生するなど、離島での警察権行使が課題となっていた。
 改正案では、遠方の離島で外国人による不法上陸などの犯罪行為があった場合、海上保安官が警察官と同様に容疑者を捜査したり逮捕したりできる規定を新設する。

これについて日本国内では期待する人たちがいる一方、中国では警戒する声が聞かれる。

日本が『海上保安庁法』改正でわが国に攻勢(1)=中国

中国外交学院の周永生教授は、尖閣諸島とその周辺の島に名称を付けるなど、このような行為はいずれも日本が尖閣諸島の占領を進めていることを示すと語った。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

 日中関係史学会の高海寛常務理事は、「日本は現在、一歩前進するごとに砦を設けている状態といえる。まず尖閣諸島とその周辺の島に名称を付け、今回は法を改正し、その目的は中国との争いでもっと有利になることだ」と述べた。

 あるオブザーバーは、日本が法改正を進めるもっと大きな目的は、日本国民の感情を落ち着かせることだと見ている。

 一方、周永生教授は、「日本は常に法律を政策の原則としており、政策を変更する前に法律をまず改正する」と、上述の見方に反対した。

ただ、中国内でも国民感情対策という冷めた見方はあるようだ。



・・・ところで
「日本は常に法律を政策の原則としており、政策を変更する前に法律をまず改正する」
とあるが、これって法治国家ならあたり前のことじゃないの?

わざわざそんなことまで説明しなきゃならんとは、さすが中国。



しかし、大方は日本が「棚上げ」という政策から強硬姿勢へと大きく変更したと考えている。

日本が『海上保安庁法』改正でわが国に攻勢(2)=中国

 高海寛氏も、このような法改正にはやはり本質的な意味があり、日本の海上保安庁は今後、島に上陸して捜査や逮捕する際に「法に則った行為だ」と主張するだろうとした上で、「中国は日本のこのような行動を軽く見てはいけない。日本が尖閣諸島問題において行動を頻繁に起こしても中国が報復措置をとらなければ、既成事実が作られ、日本の都合のよい方向に持っていかれる」と強調した。

 日本メディアの20日の報道によると、海上保安庁の測量船が19日午後に尖閣諸島の周辺海域で海洋調査をしていたところ、中国の海洋監視船から警告を受け、調査を停止するよう要求された。中国外交部は直ちに反応を示し、中国の東シナ海問題における立場を再度表明した。

 日本の船舶による尖閣諸島周辺での活動に対し、中国外交部はこれまで何度も態度を表明し、「尖閣諸島および周辺の諸島は古くから中国固有の領土であり、中国は争う余地のない主権を有している。日本政府が尖閣諸島周辺で行ういかなる措置も違法で無効である」と主張してきた。

 周永生教授は、「尖閣諸島問題における日本の強硬な行動に対し、中国は手加減してはいけない」と強調した。

記事では、中国の専門家二人がそれぞれに「報復」と「手加減しない対応」を強く求めている。まるで日本が軍事侵攻でもしそうなほどの勢いだ。中国側が「懲罰戦争」でもしなければ収まりがつかなくなるのだろうか。



ちなみに、中国網日本語版の元記事では参考写真が間違っている。

釣魚島も対象 日本が『海上保安庁法』改正で中国に攻勢

001ec94a25c510b145533e.jpg
資料写真:海上保安庁の測量船「昭洋」


この写真の測量船はHL05「海洋」(総トン数:550トン)である。九州南西海域工作船事件では同船のサイドスキャンソナーが海底に沈む工作船を発見、また、日本海測量問題の時には同型船「天洋」とともに韓国海洋警察庁との衝突が予想される海域での強行測量に備えていたこともある。

しかし、今回中国側の妨害に屈せず測量を行ったのはこの船ではない。というか資料写真ではなく海監機が上空から「昭洋」を捉えた写真が公表されているのだからそれを使えばいいはずだ。

001e3741a4d810ae684e03.jpg

関連エントリ:東シナ海波高し、地震計設置まで妨害する中国海監





では今回の海上保安庁法改正、特に海上保安官への陸上警察権(捜査権限)付与は、中国側が危惧し警戒するほどに大きなものなのだろうか?


そうであるともいえるし、そうでないともいえる。


海上保安庁・海上保安官の権限は今までに比べてそこまで大きくなるわけではないのだ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 尖閣諸島 中国 陸上警察権 測量船 国境警備隊 入国管理局

2012-03-03 : 海上保安庁 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。