スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

海巡01がLRAD搭載。中国海事局も海洋権益確保へ

今日、ついに日中間の海洋危機管理メカニズム構築を目指した「日中高級事務レベル海洋協議」が開催される。

日中海洋協議、16日に初会合 不測の事態に備え

 日中両政府は16日、東シナ海などでの不測の事態に備え、日ごろから意見交換する枠組みとなる「日中高級事務レベル海洋協議」の初会合を中国浙江省杭州で開く。事故発生時の対応や海難救助について話し合う。

 先の日中首脳会談が見送られるなど両国間でぎくしゃくした事態が相次ぐなかでの開催。中国外務省の洪磊副報道局長は15日の記者会見で「両国の海洋当局が円滑に意思疎通できるプラットフォームになることを希望する」と語った。

「不測の事態」「事故対応」「海難救助」とオブラートに包まれた言い回しをしているが、要は「衝突時」の対応と連絡体制の確立である。この「衝突」は尖閣諸島沖の漁船衝突のような文字通りの「衝突」だけを指しているのではない。両国が一番懸念しているのは、あの漁船衝突のような双方にとって予期していなかった事態が緊張関係を生み出し、双方の海上警備機関が睨みあい、行き違いによって「武力衝突」のような状況に陥ることだろう。

 日中間で初めての枠組みとして報じられているが、連絡体制そのものは以前にも試みられている。しかし、そのいずれもが事前通報制度のように形骸化しているのが現実だ。

海上保安庁と中国国家海洋局の話し合いについて

平成19年7月20日

この話し合いは、これまでの東シナ海等に関する日中協議において、東シナ海における不測の事態に備えた連絡メカニズムについて、各々のカウンターパートを照合しつつ政府全体の連絡体制を充実させる第一歩として、海上保安庁と中国国家海洋局との間で話し合いを行っていくこととなったことを踏まえて行われたものである。今次話し合いにおいては、互いの所掌事務等についての説明等を行うことで、相互の理解を深めることができた。

関連エントリ:中国海監総隊と東南アジア各国海軍の増強レース
中国の尖閣「棚上げ」の裏で進む、海事機関の「尖閣海域常態化」

 今回のメカニズムの構築自体は中国からの提案もあって実現したのだが、いざ始まってみると案の定中国側は乗り気ではなかったようだ。

「海」めぐる信頼構築へ=関係緊張の中、尖閣も議論か-16日に初協議・日中

 日中関係筋は「中国はひっそりやりたい意向だ」と語り、中国側は主権問題での譲歩に反発する国内世論にも神経をとがらせており、海洋協議自体の継続を危ぶむ見方もある。
 同協議は2010年の中国漁船衝突事件で両国関係が悪化したことを受け、昨年12月の日中首脳会談の際に創設で合意。今月13日の野田首相と温家宝首相との会談でも「海洋関係機関間の信頼醸成に期待する」ことを確認した。
 同全体協議は局次長級で年2回開催される予定。日本側は山野内勘二外務省アジア大洋州局参事官、中国側は易先良外務省国境・海洋事務局副局長ら双方の海洋関係機関幹部らが出席する。


さらに中国側は国内メディアで出席者や内容などを一切報道しないつもりのようだ。

日中、不測の事態に備え初の「海洋協議」

 日本側は、外務省の山之内勘二アジア大洋州局参事官を中心に防衛省や、海上保安庁などの担当者が出席した。中国側も外務省、国防省、国家海洋局などから担当者が出席したとみられるが、中国側は出席者や協議内容など「非公開」として警戒感ものぞかせた。


日本側は「話し合い」「信頼醸成」と考えているのだろうが、中国にとってはそうではない。これは「戦い」であり、協議以前から「開戦」していたようだ。

尖閣諸島巡り日中首脳が応酬

中国が領有権を主張している沖縄の尖閣諸島について、東京都の石原知事が購入する意向を表明してから初めての日中首脳会談が行われ、温家宝首相は、中国の核心的利益と重大な関心事項を尊重するよう求め、日本側をけん制しました。
これに対し、野田総理大臣は尖閣諸島周辺での中国の海洋活動を批判し、日中間で応酬となりました。

この「確信的利益」という表現は「チベット」や「台湾」のように、「血を流してでも」譲れない権益を指している。つまり尖閣諸島を(警察力も含めた)武力を持って制圧すると示唆しているといってもいい。

温首相尖閣発言 「核心的利益」は穏やかでない(5月16日付・読売社説)

 「核心的利益」とは中国が絶対に譲歩できない国家主権や領土保全などに用いる言葉だ。これまで台湾やチベット、ウイグルなどに使ってきたが、近年は南シナ海にも使用しているとされる。

 中国政府は、この表現を尖閣諸島に公式に使った例はない。だが、今年1月、共産党機関紙「人民日報」が、初めて使用した。
 温首相の今回の発言は、「核心的利益」と「重大な関心事項」をひとくくりにすることで、尖閣諸島が「核心的利益」とも読み取れるように意図したものだろう。
 尖閣諸島に関し、東京都の石原慎太郎知事の買い取り構想や日本政府による無人島命名に、中国国内で反発が広がった。そのことが念頭にあるようだ。

 海洋権益の拡大を図る中国政府が、従来以上に領有権を主張する方針を鮮明にしたと言える。

だが、実際は「重大な関心事項」と纏めたことによって、表現をぼかしていると見ることもできる。

「核心的利益」めぐり食い違い

 「核心的利益」とは、どんな代償を払っても守らなければならない決心を示すときに使われる中国の外交用語。武力行使も躊躇(ちゅうちょ)しないという意味がこめられている。チベットや台湾、新疆の独立問題を言及するときに使われてきた。

 ただ、中国には尖閣諸島を「核心的利益」と断定できない事情がある。日本が実効支配している尖閣諸島でこの言葉を使いながら、何も行動を起こさなければ「核心的な利益」の持つ迫力が弱まり、台湾やチベット問題の重要性を軽減してしまう恐れがあるからだ。


これは国内的なバランスをとるためなのかもしれないし、国民感情が必要以上に加熱し、より過激な行動を求めたり、ひいてはそれを実行しない政府に批判が向いたりするのを警戒しているのかもしれない。一方で、権力移行期の不安定な時期に国内を引き締めるために、強硬な行動に出る危険性も否定できない。


 どちらにせよ、中国は「信頼醸成」の協議を行う一方で、海洋権益確保のための実力を整備しつつある。

中国、来年36隻の海洋監視船を完成

10日付けの中国英字紙チャイナ・デーリー電子版によると、中国海監総隊の関係責任者は9日、取材に答え、2010年に建造を決めた36隻の海洋監視船が2013年に竣工する見込みで、中国の海洋権益を守る力が大幅に高まると強調した。



続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 中国 巡視船 EEZ 領海警備 中国海事局

2012-05-16 : 各国沿岸警備隊 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

悪名高き韓国漁業指導船「ムグンファ」も中国漁船の前では打つ手なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-05-10 : 各国沿岸警備隊 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

中国版「海上保安庁」「沿岸警備隊」が目指すもの

中国版「海保」創設を提案 軍少将、効率化が目的

中国軍のシンクタンク、軍事科学院世界軍事研究部元副部長の羅援少将は6日、共同通信などの取材に応じ、海洋権益の保護強化のため準軍事的な組織「国家海岸警備隊」の創設を中国政府に提案していると明らかにした。日本の海上保安庁と同程度の武装を想定しているという。



中国版「海保」創設を提案 軍少将、効率化が目的

 資源確保などのため海洋進出を活発化させている中国は、海洋の管轄が海軍や国家海洋局、農業省漁政局など複数の部門にまたがっている。羅氏は「力を集中させ、指揮権の分散を減らし、効率を高めなければならない」と述べ、警備隊による効率的な海域管理が狙いと強調した。

 羅氏は警備隊の所属については、国家海洋局を「国家海洋省」に格上げし、同省傘下に置くとの案や、関係部局で「国家海洋委員会」を設立し、同委員会に配属させる案を挙げた。



羅援少将、国家海岸警備隊の設置を提案

羅少将によれば、現在の中国の海上法執行権は、海軍以外に9つもあり、それぞれ公安辺防管理局所属の“海警”部隊、交通部所属の“海事”、交通部港監局所属の“海救”、農業部漁政漁港監督局所属の“漁監”“漁政”、国土資源部国家海洋局所属の“海監”、海関総署密輸取締局所属の“海関密輸取締”、“辺防派出所”と沿海の県・郷政府、“捜索救助センター”とサルベージ部門である。

羅少将の提案は次の通り。中国の海上における法執行と救助・捜索権は、多くの部門や各級の政府に分割されており、職務の重複、分散、設備(船舶・航空機)の重複購入や人員の配置など多くの問題が存在している。一括管理する国家海岸警備隊を組織すれば、9つの部門がともに海上を管理する現状を変え、戦略・資源の整備と力の統合が可能になる。



羅援少将:沿岸警備隊を創設すべき

 羅少将は沿岸警備隊の創設によって中国の外交と軍事闘争は選択の幅が広がると指摘。「摩擦が生じた際は、まず沿岸警備隊を前面に立たせる。沿岸警備隊は『準軍事部隊』なので、海事問題が直接軍事衝突にエスカレートすることはない。一方海軍はその揺るぎない後ろ盾として控え、問題が激化した際に強大な力をもって出撃することができる」と述べた。

 沿岸警備隊の装備については現有の「漁政」や「海監」の船舶を整理統合するとともに、海軍の現役または退役間近の先進的艦船を導入し、軍事的資質に優れた要員を配備することを提言。現在の海事当局は文民が多く、軍事訓練を受けたことのない者が大部分であることを指摘した。

 「沿岸警備隊が海外世論に騒ぎや誤った認識を引き起こす可能性」については「沿岸警備隊は外国に多くの先例がある。米国は自らの沿岸警備隊を、日本は海上保安庁を持ち、ロシアは海上国境警備隊と呼んでいる。中国がこうした部隊を創設するのは、軍事闘争の実際の運用面から見ると、世界のスタンダードに合わせることであり、衝突発生時に『兵士が攻めてきたら将軍が防ぎ,洪水になったら土でせき止める』ことに相当する。海軍はこの部隊の後ろ盾であり、最後の決定的な一撃を担う。またわれわれの警備隊は自国の領海内で権力を行使するのであり、非難すべき点はなく、筋道が通った正々堂々たるものだ」と述べた。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-03-08 : 各国沿岸警備隊 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ソマリア海賊問題と海保・インドコーストガードの連携強化・・・そして、サンケェ

海賊続々 自由に行くぜ…アニメも戦隊ヒーローも

 海賊がそこかしこに出現している。と言っても、ソマリアや東南アジアでなく、フィクションの世界のおはなし。本来、非情な略奪者だったはずなのに、閉塞(へいそく)した時代を吹き飛ばす自由なヒーローのようにもてはやされている。

 「正義の味方」であるはずの戦隊ヒーローもいまや海賊だ。放送中の「海賊戦隊ゴーカイジャー」に主演する小澤亮太さんは「何にも縛られず、ちょいワル。でも、根はまっすぐで、仲間を思う気持ちも強い」と海賊の印象を話す。「『ワンピース』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』が好きで、そこで築かれたイメージで演じている」

〈はじめてのONE PIECE〉「友情・努力・勝利」、王道を行く

ONE PIECE人気の理由:大人も夢中強いメッセージ

このように日本では「自由」や「正義」、「友情」の象徴、民衆の味方、ヒーローとして見られることの多い「海賊」だが、国際社会においてはいまだ「海賊」はシリアスな問題である。

世界的には海賊事件の件数そのものは減少傾向にあるものの、ソマリアの海賊はアデン湾から周辺海域に「拡散」しつつあるという。

世界の海賊事件が減少 11年は439件

 国際海事局(IMB)海賊情報センター(クアラルンプール)は19日、2011年に世界で発生した海賊事件(未遂も含む)の総数は439件だったと発表した。前年比で6件減少し、07年以来の増加傾向に歯止めがかかった。

 45隻の船が乗っ取られ、乗組員802人が人質になったが、いずれも過去最悪を記録した前年の53隻、1181人より減少した。11年の死者は8人。日本企業が運航、管理する船の被害は20件だった。

依然としてソマリアでの海賊被害が半数以上を占めているが、乗っ取り事件は減少し各国海軍による海賊グループの撃退も多い。その反面そうした取締りから逃れるため、ソマリア海賊は活動範囲を広げているとみられている。

ソマリア海賊 活動範囲拡大か(NHK 1月20 リンク切れ)

IMB=国際海事局が、19日に発表したところによりますと、去年1年間に世界各地の海で発生した船舶の襲撃事件は439件に上り、このうちソマリアに拠点を置く海賊によるものとみられるものが、全体の半数を超える237件に上りました。これは、おととしよりも18件増えて過去最も多い数で、一連の事件で合わせて8人が殺害され、470人が人質となりました。ソマリアの海賊は、ロケット弾で武装するなど凶悪化が進んでいることから、去年7月には日本の自衛隊が隣国のジブチに活動拠点を開設し監視体制を強化するなど、各国が警戒を続けています。

ただ、各国が重点的に監視しているソマリア沖のアデン湾での事件は減っているものの、逆にアラビア半島沖のインド洋やアフリカ南部では事件が増えており、国際海事局は、「海賊が各国の監視の目を盗んで活動の範囲を広げている」との見方を示しています。このため国際海事局は、船主に対し、危険な海域を通る際には最新の情報を集め警戒を怠らないよう呼びかけています。

日本では大きく報じられなくなったがソマリアの海賊問題は依然として国際社会の脅威であり、各国が連携しつつ対応している。時には、対立している国同士でさえ助けあわなければならない状況だ。

米海軍 イラン漁民救出

米海軍中央司令部は六日、アラビア海で展開中の空母「ジョン・C・ステニス」艦隊の駆逐艦が、海賊に乗っ取られた漁船からイラン人乗組員十三人を救出したと発表した。

 同司令部によると、駆逐艦が五日、イラン漁船に横付けされている海賊船とみられる小船を発見、同時に漁船から救難信号を傍受した。駆逐艦の兵士らが漁船に乗り込み、ソマリア人とみられる海賊十五人を拘束、空母に護送した。

 漁船は四十~四十五日前に海賊船に襲われ、乗組員は船内に監禁されていた。救出部隊は衰弱していた乗組員に食事と水を与え、必要な手当てもしたという。

イランが米海軍によるイラン人船員の解放を歓迎

イラン外務省のメフマーンパラスト報道官が、アメリカ海軍により、ソマリアの海賊からイランの船舶とその乗組員13名が解放されたことを歓迎しました。

また、メフマーンパラスト報道官は、このアメリカ海軍の措置を肯定的に評価し、「これまで、イラン海軍が、他国の船員を、海賊から救出しているのと同様に、すべての国々は、自らの能力に応じて、海賊に対処するために努力する責任がある」と述べました。

NATO、海賊からイラン人救出 威嚇射撃で

北大西洋条約機構(NATO)は9日、ソマリア沖で、海賊に捕らわれていたイラン人5人とパキスタン人9人の計14人を救出したと発表した。米国が5日に船員13人を海賊から解放したのに続くイラン人救出となった。

 NATO傘下のデンマーク艦船が7日、海賊に乗っ取られたイラン船を追跡し、威嚇射撃で停止させた後、船に乗り込んでイラン人乗組員らを助け出した。海賊とみられる25人の身柄も拘束した。

こうした海賊対策を行っているのは、いわゆる西側諸国、欧州諸国(アメリカ、EU、NATO)の海軍だけではない。ロシアも(太平洋艦隊からも)早い段階で、中国は日本が参加する直前に商船護衛の部隊を派遣している。

ロシア太平洋艦隊 第7回遠征部隊 アデン湾で商船護衛

ロシア太平洋艦隊第7回遠征部隊は、海賊による襲撃が多発しているアラビア海での商船護衛の任務を遂行した。マルタ船籍およびトルコ船籍の商船が含まれていた。

大型対潜哨戒艦「アドミラル・トリブツ」の護衛のもと、商船隊はアデン湾を通過し、中東および欧州の各目的港への向かった。

中国、アデン湾の護衛部隊へ祝福

 春節を前に、中国国家交通運輸省はネットビデオを通じて、ソマリア沖のアデン湾で護衛任務を実行中の海軍第十護衛隊の兵士たちに新年の祝福とメッセージを伝えました。

 当地時間21日午前9時ごろ、国家工津運輸省の徐祖遠次官はネットビデオを通じて海軍第十護衛隊の兵士たちに新年の祝福を伝えました。護衛隊の李士紅指揮官は護衛隊を代表し、「祖国の人民の関心をエネルギーとし、護衛任務に努め、全力で戦う精神を発揚し、厳密に法律に従い、臨機応変にハイレベルな護衛任務を遂げたい」と述べました。


そして、日本も各国に後れを取ったものの、ソマリア沖への部隊派遣に参加し、今では護衛の実績を重ねている。

海賊対処12月実績 護衛約70隻、哨戒飛行18回

 防衛省は1月12日、ソマリア沖アデン湾で民間船舶の護衛活動や警戒監視に当たる海賊対処派遣部隊の12月分の護衛実績とP3C哨戒機の活動状況を公表した。
 水上部隊の護衛は計10回、護衛隻数は日本籍船1、日本の事業者が運航する外国籍船10、その他の外国籍船59隻。航空隊P3C哨戒機の飛行回数は計18回、確認した商船数約1540隻。護衛艦や他国海軍艦艇、民間商船への情報提供は約160回。12月5日には警戒監視中のP3Cが梯子などを積んだ不審船を発見、付近を航行中の米海軍艦艇や民間船舶に通報した。

もう、当たり前のことになってニュースバリューがなくなったのか大きく報じられないが、つい先日も海上保安官の派遣捜査隊を含んだ海自水上部隊と陸自の警備隊と海自P-3Cの統合部隊が交代として日本を発った。

ソマリア派遣部隊を見送り、田中防衛相/横須賀

 田中直紀防衛相は21日、横須賀市の海上自衛隊を視察し、「むらさめ」と「はるさめ」の護衛艦2隻で編成する第11次派遣海賊対処行動水上部隊の出港を隊員家族らとともに見送った。田中防衛相の海自視察は就任後初めて。

 防衛相は、ソマリア沖アデン湾方面で船舶の護衛に従事する同部隊の出国行事開会式で「海上輸送を脅かす海賊行為の防止は重要な課題だ。諸君の双肩には日本国民と国際社会からの大きな期待が向けられていると自覚し、任務を完遂してください」と訓示した。

 第11次部隊は護衛艦2隻で隊員総数は380人。海上保安官8人が同乗する。

miokuri.jpg
撮影:見送りに参加した横須賀勤務の友人


ソマリア海賊対策へ厚木基地から100人が出発、初の女性隊員も/神奈川

 アフリカ・ソマリア沖で海賊対策を担う海上自衛隊と陸上自衛隊の統合部隊の本隊100人が30日、厚木基地(大和、綾瀬市)を出発した。部隊の派遣は9回目で、同基地からは2010年10月に続き3回目。今回は初めて女性隊員2人が参加した。

7_225624.jpeg
哨戒機P3Cの前で肩を組む中村2曹(左)と岡村3曹=厚木基地


ちなみに、派遣部隊の拠点が置かれているジブチは、治安が悪化しており外出ができない状態が続いているという。またそれだけでなく、テロ攻撃の危険も増している。このテロについてはソマリア問題と深くかかわっている(後述)。


さて、海賊との戦場はなにもソマリア周辺の海上だけではない。現在、日本国内においても「海賊との戦い」は続けられている。

それは法廷で、だ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 海上自衛隊 海賊行為 ソマリア インド フィリピン

2012-02-04 : 各国沿岸警備隊 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

韓国海洋警察庁と海上保安庁、中国漁船取締りの違い

今回はエントリ本文に入る前に、今回殉職されたイ・チョンホ警長に哀悼の意をささげると同時にご家族と、負傷されているイ巡査にお見舞い申し上げる。

韓国海洋警察庁と海上保安庁とは、それぞれの国の海洋権益を保護する任務から摩擦や睨み合いがしばしば発生するが、同時に捜索救助や犯罪捜査においては連携協力している重要なカウンターパートである。
先月も各管区海上保安本部と地方海洋警察庁とで合同訓練が行われたばかりだった。



ついに中国漁船の船長(殺人容疑で逮捕)はその罪を認める供述を始めたようだが、そう簡単にこの事件は収まるようなものではないだろう。

中国漁船船長 容疑認めて謝罪

この事件は、今月12日、朝鮮半島西側の黄海にある韓国の排他的経済水域で、不法操業の取締りをしていた韓国海洋警察庁の警察官が中国漁船の船長に刃物で刺されて死亡したものです。海洋警察庁は殺人と特殊公務執行妨害の疑いで、15日に船長の程大偉容疑者を逮捕し、容疑を裏付けるため、19日午前、インチョンふ頭に係留している漁船で現場検証をしました。現場検証は程船長を立ち会わせて行われ、2階の操舵室に警察官が突入したときの状況が再現されました。検証のあと、報道陣の前に姿を現した程船長は、マスクと帽子をかぶり、無表情で「私の間違いで警察官が死亡したことは申し訳ない」と小さな声でみずからの非を認め、謝罪しました。海洋警察庁によりますと、程船長は逮捕された直後は殺人などの容疑を否認していましたが、最近の取り調べでは容疑を認める供述をしているということです。海洋警察庁は、19日の現場検証の結果なども踏まえ、犯行の詳しい状況を解明することにしています。

違法操業:海洋警察官刺殺の船長「遺族にすまない」

 身長163センチと小柄な程容疑者は、現場検証で「怖さに駆られていた」「警察がドアをたたき、私の頭を殴った」「ナイフを手に『来るな』と叫んだ」などと供述した。程容疑者は30分にわたる現場検証の後、取材陣に対し「私のせいで警察官が死亡、負傷し、遺族にはすまない」と話した。

 海洋警察の関係者によると、李警査の話をすると程容疑者は涙を流し「海洋警察が人道的に対応してくれたことはありがたい。遺族にひざまずいて謝罪したい」と話しているという。

 調べによると、海洋警察による拿捕(だほ)作戦の当時、問題の漁船に衝突を繰り返し、作戦を妨害しようとした僚船の船長、劉連成容疑者(31)は、程容疑者といとこ同士だということが分かった。程容疑者は今月10日、山東省栄成市の石島港を出る前、船員らに対し「韓国の海洋警察に取り締まられた場合、あらゆる手段で抵抗しろ」との指示していたことが分かった。

 仁川海洋警察署は、程容疑者を殺人容疑、魯文漁29号の中国人船員8人には竹やりなどを海洋警察官に振り回した公務執行妨害の疑いで、立件する方針を固めた。拿捕作戦を妨害した劉容疑者は、起訴相当の意見とともに、21日にも検察に身柄が移される予定だ。

今回の事件は同様に中国漁船に悩まされる国として対岸の火事として見逃すわけには行かない。

韓国側は中国漁船への対策で日本との連携を模索するようだ。

中国漁船不法操業 日韓連携を

韓国の農林水産食品省は、先月末、東京で開かれた不法操業の取締りに関する日本側との定期協議でこの問題を提起しており、今後、中国漁船による不法操業に対抗するため、日本とのさらなる連携を模索していきたい考えです。



そして、北朝鮮の金正日総書記死亡に伴って朝鮮半島の緊迫感が増す中、再び不法操業した中国漁船が拿捕された。韓国の話ではない。日本で、だ。

領海内で操業した疑い 長崎海保、中国人船長を逮捕

 長崎海上保安部は20日、中国籍の漁船、浙象漁(せっしょうりょう)16(推定130トン、乗組員11人)の船長、鐘進音容疑者(39)を外国人漁業規制法違反(領海内操業)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。逮捕した際、漁船からの抵抗はなく、けが人はいないという。

 同海保によると、鐘容疑者は19日午後10時半ごろ、長崎県五島市鳥島の北東約4キロの日本の領海内で許可なく操業した疑いがある。巡視船が停船を命じたが無視して逃走、20日午前5時半ごろ、鳥島の南西約87キロの東シナ海にある日本の排他的経済水域(EEZ)で海上保安官9人が巡視船から漁船に乗り移って現行犯逮捕した。

SEB201112200009.jpg

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 巡視船 中国 韓国 違法漁船 領海警備 海洋警察庁

2011-12-22 : 各国沿岸警備隊 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。