スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

工作船沈没から10年、命令者も消えた

※以下のエントリは2011年12月24日用に準備していた内容に、一部加筆修正したもの。




海上保安庁のRFS20mm機関砲が火を噴き、工作船が海中に没してから10年になる。

不審船に船体射撃、沈没「北朝鮮工作船の可能性」

鹿児島県・奄美大島沖の東シナ海の日本の排他的経済水域内で、国籍不明の不審船を発見して追跡していた海上保安庁は、不審船が停船命令を無視して逃走したため、威嚇射撃後に船体へ向けて射撃、不審船は沈没した。不審船からは地対空ミサイルなどが回収され、後に北朝鮮の工作船と認定された。


その後、紆余曲折を経て工作船は引き上げられ、現在は横浜海上防災基地に併設された施設で展示公開されている。調査によって様々なことが分かった。

漁船に偽装しつつも高速船のような著しく鋭い船体。しかしその実態はカタログスペック(?とはかなり異なるものだったようだ。
北朝鮮工作船事件10年:高張力鋼で作られた「専用船」 競艇用ボートの原理で高速化

 海上保安大学校国際海洋政策研究所が、工作船の模型を製作した水槽実験では、波高2メートルでも10ノット(約19キロ)以下でしか走れない構造であることがわかった。工作船発見当時の波高5メートルでは航行困難な状態で、高速で逃走しなかったのはエンジントラブルよりも構造的な問題によるものが大きかったと確認された。

当時はエンジントラブルや被弾による速力低下といわれていたが、そもそもそんな速度は出なかったのである。

一方で海上保安庁は巡視船艇の高速化をその後も推進させていった。

北朝鮮工作船事件10年:事件教訓に高速型巡視船配備 金総書記死去受け情報収集をさらに強化

同庁では工作船が出現することを想定して、2007年度末までに正確な射撃が可能な武器や防弾などを強化した2000トン級と1000トン級の高速型巡視船を各3隻、高速特殊警備船6隻を配備している。また、これ以外にも各管区に高速型の巡視船や巡視艇を全国に配備することで、不審船や違反船舶の追尾、捕捉が容易になったほか、救難現場に素早く到着することができるようになった。「速い船であればさまざまなやり方で追尾できる。しかし、遅い船では追尾しても他国領海に入られてしまい捕まえることはできなくなる」と高速型巡視船の有用性を説く。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 巡視船 領海警備 北朝鮮

2012-01-17 : 北朝鮮問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

意外に早く「解決」した隠岐の北朝鮮漂流船騒動

十日ほど前、日本は一見粗末に見える小さな船で大騒ぎとなった。
その小舟には3人の男性と一人の遺体が乗っていた。彼らは北朝鮮から来たと言った。

日本中の誰もが昨年9月の脱北者騒動を思い起こしただろう。

しかし結局のところ、彼らは漂流してきた遭難者として決着が図られ、中国経由で帰国したのだが、まずはそれまでの流れを振り返ってみよう。

隠岐島周辺に不審船 数人乗船、脱北者か

 島根県・隠岐島に近い海域で6日、不審な船がいると警察を通じて海上保安庁に通報があった。海保が乗っていた数人から事情を聴いているもよう。

 政府関係者によると、船体にはハングルが書かれていた。海上保安庁などは北朝鮮からの脱出者が乗っている可能性があるとみている。船は小型の木造船1隻で、いかりを下ろしていたという。

この「不審船」を発見した市民が隠岐の島署に通報、そして同署から隠岐海上保安署に連絡があったという流れだ。理想を言えば直接の118通報であったほうがよかったかもしれないが、警察を経由したことで情報の精度、通報者の確認が取れたとも言える。

 その後、隠岐海上保安署巡視船「さんべ」及び境海上保安部「きそ」が出動。防弾装備の海上保安官が当該の「不審船」へと乗りこんだ。そこには3人の生存者のほか一人の遺体が発見されたのである。

 彼らは「北朝鮮」から来たようだった。そうなれば思いつくのは「脱北」だが、そうではないという。

不審船:船内に性別不明の1遺体 「流された」脱北は否定

 島根県の隠岐の島沖で発見された、北朝鮮籍とみられる小型船について、海上保安庁は6日、船内から性別不明の1人の遺体が見つかったと発表した。船には他に3人の成人男性が乗船。男らは「北朝鮮で漁業に従事していたところ、エンジン故障のため流された」と説明しており、「脱北者」であることを否定しているという。



隠岐島沖の漂流船「機関故障、北朝鮮から来た」 脱北は否定

 船体にハングルが書かれており、脱北者の可能性もあるとみられたが、8管本部は遭難とみて調査。3人を巡視船に収容し、隠岐島沖から鳥取県境港市近海に移動した。

 8管本部や県警などによると、船は小型の木造船。隠岐の島町南西部の那久岬から西へ約1キロの領海内でいかりを下ろした状態で発見。3人に疲労は見られるがけがはなく、命に別条はない。船内に食料や水は残っておらず、漁具もなかった。エンジンは壊れていた。

彼らの言うことが事実なら、脱北者や工作員ではなく、遭難者ということになる。事実、小型船のエンジンは故障していた。

隠岐諸島に北朝鮮船=乗船3人「脱北でない」-1人の遺体も、「漁中に漂流」・海保

 複数の関係者によると、3人は昨年12月に北朝鮮から出港したが、「われわれは脱北者ではない。遭難した。北朝鮮に帰りたい」と話している。けがはないという。
 同庁や第8管区海上保安本部(京都・舞鶴)によると、木造船が見つかったのは、隠岐の島町那久漁港の南西約1キロ沖の日本領海内。海保関係者は「工作船の可能性は低い」としている。
 3人は漁師で、「操業中、エンジン故障のため漂流してきた」と話しているという。発見時、船はいかりを下ろしており、エンジンは実際に壊れていた。

日本「政府高官」もそれを認める発言を行った。

隠岐の不審船「脱北ではなく遭難」 政府高官

 政府高官は6日午後、島根県・隠岐諸島の隠岐の島周辺で不審船に乗った脱北者とみられる3人が見つかった問題で、「(3人は)脱北者ではなく、遭難したようだ」と述べた。3人の国籍はなお不明だが、同高官は、北朝鮮出身者であることを示唆した。

船内に残されていた遺体も、遭難した厳しい状況を裏付けるものだった。一方で、今までの北朝鮮脱北船には見られない「あるもの」も発見されている。

北朝鮮漂流船:「1人は徐々に衰弱し数日前に死亡」

 島根県隠岐の島町の隠岐諸島近海で北朝鮮の漂流船が見つかった問題で、第8管区海上保安本部(京都府舞鶴市)は保護した男性乗組員3人を鳥取県境港市沖に移し、7日、巡視船内で事情聴取した。3人は「4人で出港してきた。(遺体の男性は)徐々に衰弱し、数日前に亡くなった」などと説明。8管は遺体を検視し、死因を低体温症と発表した。死後1週間で、事件性はないとみられる。3人は7日夜も巡視船内に泊まらせる。

 漂流していた木造船(全長約7メートル、幅約2メートル)は隠岐の島町の西郷港にえい航して検分。食料はなく、水と油のタンクはともに空だった。GPS(全地球測位システム)があったが、エンジンは使えない状態だった。漁具はなかった。発見当時はいかりが下ろされ、3人は布のようなものをかぶっていたという。


漂着小型船にGPS 船内の男性は数日前に衰弱死か

GPSだ。推定するにハンディ式の簡易レシーバーだろう。この存在が(漁具を積んでいなかった事実と並んで)日本の対応にちょっとした波紋をもたらすことになる。

一方、海上保安庁は対応に頭を悩ませていた。脱北者であっても大きな問題となるのだが、今までの事例がある。しかし、「通常の」海難漂流者というのはあまり例がない。もちろん洋上で北朝鮮船を救助したことは何度もあるが、日本まで漂着したとなれば別問題だ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 海上保安庁 北朝鮮 領海警備

2012-01-17 : 北朝鮮問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北朝鮮木造船が原発に漂着・・・漂流?脱北?それとも・・・



島根に“北からの漂着ルート”あった!

2009年2月ごろ、島根・隠岐島に不審な木造船打ち上げられる 文字や形が漂流船と酷似

以下は昨年11月ごろに準備していたエントリである。

漂着:木造船の一部、美浜原発敷地の岩場に /福井

 26日午前9時5分ごろ、美浜町丹生の関西電力美浜原発から、「敷地の岩場に、朽ち果てた木造船があるのを監視カメラで確認した」と、敦賀海上保安部に通報があった。

 同海保によると、船籍を示すものはなかったが、船底の形状から韓国か北朝鮮の漁船とみられる。漁具などは残っていなかった。美浜原発によると、木造船の漂着は珍しいという。

ついこの間まで、脱北船のニュースが世の中を騒がしていた。

関連エントリ:脱北船再び。海保が保護、曳航。

しかし、今回は原発という場所である。当然ながら、単に流されて打ち揚げられただけではない、ということも考えられた。要は「工作船」ではないかという疑いだ。

 同海保職員が駆け付けたところ、壊れた木造船の船底部分(長さ約4・9メートル、最大幅約1・25メートル)が岩場に打ち上げられていた。巡視船「えちぜん」で周辺海域を10~20キロの範囲で捜索したが、他の船体部分や不審な船などは確認できなかった。

海上保安庁もその危険性を考えてか、不審な船を捜索している。このような小型船が単独で日本までわたってくるのは困難だ。それゆえ、日本までたどり着く脱北船はこの間の事件のように極めてまれだ。「工作船」であれば、近くまで母船でやってきていることが考えられる。東シナ海に沈んだ北朝鮮工作船も船尾部分に小型船格納庫があった。

 もっとも、その懸念は空振りだろう。流れ着いたのは木造船の一部、船底部分だけで、そのほかの部分もない。韓国か北朝鮮の沿岸漁業で使用される小型船が流されその途中でばらばらになったか、打ち捨てられるままに流されてきたか、そういったことだろう。しかし、この船底が日本海の荒波で破壊された小型船だと思うと、先日無事保護された北朝鮮脱北一家の命運も一寸違えばどうなっていたか分からない。ぞっとする。

 以前のエントリでも、多くの原発には監視用水上レーダーが備えられていると書いてきたが、基本的に陸上設置型の水上レーダーも船舶用と変わりはない。木造で小型、今回の場合はその一部というか破片である。レーダーで捕らえられなかったのも当然だ。結局、監視カメラによって発見された。

関連エントリ:木造小型船・密航者捕捉の難しさは領海警備の「盲点」ではなく「常識」

「原発の敷地」「岩場」がどのような場所を指すのかは不明だが、取水・排水口などの周囲は防波堤やフェンスで囲われていると思われる。原発の施設、建屋そのものに近いところというわけではないようだ。

実は原発の警備体制については今後エントリを作成する予定なので、ここでは深く掘り下げない。

注目すべき点は、北朝鮮から漂着してくるフネについてである。いや、流れ着くのはフネだけではないのだが・・・

過去の新聞を調べてみるとこういった事例は多い。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-01-13 : 北朝鮮問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北朝鮮・金正日総書記が死亡、海保も厳戒体制へ

中国漁船船長による韓国海洋警察官刺殺事件についてエントリをなかなか準備できないでいる合間に、更に大きな出来事が朝鮮半島で発生した。

ただ、驚きはあるものの、ある意味では予測されていた事態でもある。

金正日総書記が死去…北朝鮮メディアが報道

北朝鮮の国営テレビとラジオは19日正午から特別放送を行い、最高指導者の金正日(キムジョンイル)・朝鮮労働党総書記が「17日午前8時半、現地指導に向かう列車内で肉体的過労のため死去した」と発表した。

 69歳だった。国営朝鮮中央通信は「金総書記が心筋梗塞を起こし、心原性ショックを併発した」としている。


 これにより韓国軍、在韓・在日米軍、自衛隊はもちろんのこと、海上保安庁も厳戒体制に入った。もし、大量の脱北者が難民・ボートピープルとなり日本海を渡ってくれば、対応するのは海保に他ならないからだ。

海上保安庁、日本海沿岸の警戒強化を検討

 金正日総書記死亡の一報を受け、海上保安庁の幹部は19日、「日本海沿岸は、脱北者の漂着などに対応するため、すでにパトロールの密度を濃くして警戒を強化している。金正日総書記の死亡は情報収集中で注視している。今後、さらなる警戒強化が必要か検討しなければならない」と話した。

前田国交相が海保に警戒を指示

 前田武志国土交通相は19日午後、北朝鮮の金正日総書記が死去したとの発表を受け、海上保安庁に警戒態勢に入るよう指示した。前田氏は首相官邸で記者団に「ただちに海上保安庁が警戒態勢に入った。国交省は危機管理室を中心に、すでに体制づくりに入っている」と述べた。

もっとも歳末のこの時期は通常でも各地の海保が特別警戒で体制を強化しているため、厳戒体制といっても現場にとっては予定の前倒しになっているだけかもしれないが・・・

新潟海上保安部が年末特別警戒(新潟県)

 利用者が増える年末年始に合わせ、新潟海上保安部は船内での犯罪やテロを防ぐ特別警戒を実施している。


たとえ、難民の発生が避けられたとしても権力継承の過程で、軍部や党軍事情報部門が独自の動きを見せたり、支配強化のために意図的に危機的状況を生み出す危険性がある。

つまり、想定されるのは金正恩支配体制への反旗を翻すことだけではない。統制を強化するために延坪島砲撃事件のような状況を作り出すことや、軍や党の幹部が新体制での地位確保・足場固めのため、「新たなる指導者」に気に入られるために、手柄を欲して軍事的行動だけでなく武器・薬物密輸等の非軍事的非合法活動を活発化させることも想定されるだろう。

関連エントリ:鳴り響いた砲声、先の見えない海保
敗北から学習し、必ず復讐する国家、北朝鮮
北朝鮮のロケット弾と海警・海軍の脱出作戦


少なくとも、正式に権力が継承される数年後までは北朝鮮の周辺海域での動きをいつも以上に警戒する必要があるだろう。もちろんその後も、新体制の方針によってはより緊迫した状況になるかもしれない。 このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 北朝鮮 韓国 海上保安庁

2011-12-19 : 北朝鮮問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

過去の脱北船事例その2「ズ・ダン号事件」

今回の脱北者に対し「一時庇護のため」の上陸許可が出された。
その一方で、彼らの背景についても報じられている。

脱北者に一時庇護上陸許可=韓国に移送へ-テレビやゲームして過ごす

 石川県・能登半島沖で保護された脱北者9人について、入管当局は16日、入管難民法に基づく一時庇護(ひご)のための上陸を許可した。近く韓国に移送される。

 藤村修官房長官は同日午後の記者会見で、「迅速かつ適切に対応したい」と述べた。

 一時庇護のための上陸許可は、外国からの難民などに適用され、在留資格がなくても上陸を認める特例措置。入管当局は脱北の経緯などについて審査し、人道的な観点から判断したとみられる。在留が認められた期間は1カ月。

脱北者“北朝鮮では未来ない”

石川県輪島市の沖合で小型の木造船に乗って見つかった男女9人の脱北者は、14日、日本への仮の上陸が認められ、近く韓国へ向けて移送される見通しです。海上保安庁や入国管理局は9人らから事情を聞いて、脱北の経緯を調べていますが、男女らは、「韓国などほかの国では電気がいつでも使えるなど、より豊かで自由な生活が出来ると国内の市場などで聞いた。北朝鮮では、未来が見えないと思った」という内容の説明をしていることが分かりました。また、9人のうち責任者と名乗る男性はこれまで、「軍の資金を獲得するために働いている漁師だ」と話していますが、男女らは、「生活に苦しむ農村の国民などに比べ、金は持っているが脱出しようと思った」とも話しているということです。9人の中には、真っ白なTシャツを来ている人がいるなど比較的身なりがよいことなどからも、海上保安庁などは深刻な生活の苦しさよりは、他の国に憧れてより豊かな暮らしを目指して脱北を試みた可能性もあるとみて経緯を調べています。

「裕福」なはずの漁師、なぜ決死の脱北? 背景に軍の呪縛と腐敗

 国内でも海産物は貴重なタンパク源として、高値で取引される。漁師側も漁獲量を全て報告せず、一部を闇市場に流し、現金を蓄えてきた。「北朝鮮で内陸部の住民より漁師は豊かとされた」(加藤理事長)

 それでも脱北を決めた一家。脱北者男性は入国管理局に「軍に納める金額が高く、年々生活が苦しくなってきた」と理由を語った。

 石丸氏は「経済難から軍に対し、独立採算で自活しろという圧力が強まり、上納のノルマが上がっている」と説明する。



「反乱」や「海賊行為」をともなった「平新艇事件」と事情が少し異なる、こうした脱北船の始まりは87年の「ズ・ダン号事件」が始まりと言えるかもしれない。

船の大きさは異なるものの、脱北者の動機や海保の対応など今回の事件との共通点も多い。

当時の報道から当時の様子を見ていこう。

1987年1月23日 朝日新聞
北朝鮮漁船が福井へ密入国 未成年者含む11人

 福井県坂井郡三国町の福井新港に、未成年者4人を含む男女11人が乗った朝鮮民主主義人民共和国の清津直轄市の漁船型鋼船・清津号=約50トン、キム・マンチョル船長(47)=が密入国した事件があり、敦賀海上保安部は、22日夕方、航海に必要な食糧などの援助、機関の修理を終えたうえで出港を認める方針を明らかにした。この理由について、第8管区海上保安本部(舞鶴)と同海上保安部は、キム船長らが、希望する行き先を具体的に挙げておらず、福井新港への入港は船の故障と食糧援助を求める緊急避難、としている。

ただ、この記事では、北朝鮮漁船がいきなり福井新港で発見されたかのように書かれているが、事実は少し異なる。

海上保安事件の研究 第7回(捜査研究No.648 2005.7)では以下の様に説明されている。

 昭和62年(1987年)1月20日の18時ごろ、福井港において荒天避泊のため錨泊中の貨物船K丸の船長から、北朝鮮籍らしい船が本線に横付けし、朝鮮語で水・食料の援助を求めている旨の通報を海上保安庁が受けた。ただちに敦賀海上保安部、三国海上保安署の巡視船艇により調査した結果、この船は北朝鮮籍の漁業取締船「ZU-DAN9082号(以下Z号と略)」(総トン数50トン)で医師でもある船長K(46歳)等、全部で11名(未成年者4名を含む)が乗船しており、水や食料の援助を求めていることが判明した。しかし乗員全員が有効な旅券または乗員手帳を所持していなかったので、出入国管理及び難民認定法違反の疑いもあり、必要な援助を与えたまま事情聴取のため、巡視船により同船を曳航して敦賀港に回航した。

そして事情聴取の結果、彼らが「南の暖かい国」に行くために北朝鮮から脱出したことが判明する。その途中で2基あるエンジンのうち1基が故障。漂流してたどり着いた先が福井新港だったというわけである。そこで海上保安庁は不法入国容疑での捜査を打ち切り、関係各所に連絡するとともに必要な援助と保護を与えるため彼らを巡視船で安全確保することとなった。

 一方、問題となったのは、彼らの希望する「南の暖かい国」がどこを指しているのか、ということである。外務省の担当者も含めた事情聴取では「韓国に行ってもよい」とする者もいれば、残された親族を心配し「韓国に行けばどうなるのかわからないので、韓国だけは嫌だ」という者もおり、一行で統一された行先が決まっているわけではなかった。

 そしてこの時からすでに、事態の複雑化が予想された。問題は4年前にさかのぼる。脱走した兵士を知らぬうちに北朝鮮から日本に連れてきてしまった第18富士山丸が、再び北朝鮮を訪れた際に手に乗員もろとも抑留されたのだ。密出国した脱走兵が、日本で亡命の意思を示したため通常の密入国者として送還の処理ができなくなったことが背景にあった。北朝鮮は日朝貿易に従事していた第18富士山丸による送還を希望していたが、それが実現できなくなり、海上保安庁などが出港に際して懸念を示していたものの、船長らは朝鮮総連からの保証があることを理由に北朝鮮へ入港。そのまま逮捕されてしまったわけである。今回、再び亡命ということで送還しなければ、抑留された彼らの帰国が遠のくのみならず、扱いも悪くなりかねない懸念があった。

 そして、入港翌日には北朝鮮からの圧力が海上保安庁を襲い始めたのである。

1987年1月30日 朝日新聞
渦巻く南北の宣伝合戦 動きとれぬ漂着北朝鮮船

入港翌日には、早くも北朝鮮側が動いた。朝鮮総連福井県本部は「単なる事故」として21日から敦賀海保への働きかけを続け、「乗員早期返還」を要求。北朝鮮政府も23日には朝鮮交通委員会海運総局の声明などで「(北朝鮮の)元山へ家族や親せきに会いに行く途中、エンジン故障で漂流した」と主張。「人道的見地から、船と乗員全員を直ちに清津港へ送り返すよう」求めた。

当然ながら韓国や民団も黙ってはいない。

 一方、韓国居留民団は「明らかに亡命」と受け止め、「南の国」は韓国を指す、としてキム船長らの行動を歓迎。韓国政府も24、26日の両日、崔コウ洙外相^が御巫駐韓日本大使を呼び、「人道的考慮、国際慣行に基づき、早急に満足のいく解決が図られるように」と要望した。

洋上であわや「衝突」という事態まで起きた。

現地の敦賀では、25日北朝鮮の国旗を手にした約60人が敦賀海上保安部前で、「送り返せ」と大声でこぶしをつき上げ、ほとんど連日、数十人が気勢を上げている。総連側は記者会見し「亡命の意思が少しでもあれば到着時に意思表明しているはず。日本がキム船長に洗脳工作をしている」と対日非難のトーンを強めている。一方、民団の人たちも連日のように「歓迎」などと書いたプラカードや横断幕を持ち、チャーターした船で「ズ・ダン」周辺で「歓迎パレード」。ついには民団系の「歓迎船」3隻と、総連系の「早期送還」を求める船5隻が異常接近する事態も起きている。

この時の警備の様子がのちに海上保安新聞(第2398号平成10年4月23日, 海上保安庁創設50周年企画 あのころあのとき)に掲載された。当時の苦労をこう語る。

千トン型巡視船である『わかさ』を沖合に錨泊させ、Z号をそれに横付けしたが、抗議団体がプレジャーボートなどでやってきて亡命者が船外に顔を出すと、拡声器で強烈に非難を浴びせる。大型巡視船で挟んで接近させないようにする警備が大変でした。


そして国内政治まで蠢きはじめる。韓国との関係を重視する自民党と北朝鮮との友好を目指す社会党もそれぞれ圧力を加え始めたのである。

一方、韓国政府は事情を考慮し直接の入国を求めない方針であると報じられた。つまり、第三国を経由するのである。

1987年1月31日 朝日新聞
外務省が漂着した北朝鮮船の受け入れ先捜しへ

 外務省は30日、福井県に漂着した朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の資源保護監督船ズ・ダンの乗船員11人について、日本、北朝鮮、韓国以外の第三国に渡航させる方針を固め、受け入れ先との非公式な打診を始めることにした。同省幹部は30日、「渡航先と想定できる所が旧正月休みに入っている」と述べ、台湾、香港などが念頭にあることを示唆した。第三国に渡航させる方針を固めたのは、韓国が引き渡しを求めない態度を表明したのに加えて、11人の意思確認作業の中で、(1)北朝鮮へは戻らない(2)日本にとどまる意思もない、などの点がはっきりしたためだ。

そして台湾が名乗りを上げた。

1987年2月5日 朝日新聞
台湾、ズ・ダンの通過寄港認める反応

 政府筋は4日、福井県敦賀港に停泊中の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の船ズ・ダンの乗船員11人の受け入れ先として打診していた台湾から、民間ルートを通じて(1)11人の意思が一致すればトランジット(通過寄港)は認める(2)11人の定住は受け入れにくい、との反応が伝えられてきたことを明らかにした。しかし、政府としては、乗船員の最終的な定住先が確定しないままの出航は人道的見地からもさせられないとの立場から、定住を認める国を探すため、東南アジア諸国を中心に打診を続けていく方針だ。

こうなると、残された問題はどうやって彼らを台湾まで移送するか、ということだった。

もちろん白羽の矢が立ったのは彼らを保護している海上保安庁である。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

tag : 海上保安庁 脱北 北朝鮮 韓国 YS-11 PLH

2011-09-17 : 北朝鮮問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。