スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

シー・シェパードが調査捕鯨船団に対しUAVを投入、捕捉に成功

11日、シー・シェパードは再び捕鯨船団に対し妨害活動を実施した。その際、警乗している海上保安官によって警告弾が投擲された。

シー・シェパード向け警告弾2発 南極海で海上保安官

 水産庁によると、妨害は日本時間11日午前11時過ぎから約1時間続いた。SSの小型ボート2隻が、第2昭南丸の船首付近から海面にロープを流すなどしたという。同庁はロープをスクリューにからませようとしたとみてやめるよう音声などで警告したが、妨害は続いた。そこで同乗の海上保安官が小型ボートの後方に向かって警告弾を相次いで手で投げたという。

 海保によると、警告弾はソフトボール大で投げると破裂して大きな音がする。今回の調査捕鯨でSSに投げたのは初めてだが、過去数回の実績があるという。音が出るだけで、密漁の取り締まりの際にも使うといい、海保は「武器にはあたらない」としている。

記事にもあるように、この警告弾は国内においても密漁取締で使用される。音響・発光・着色の3種があるが、着色は密漁船の識別に使用するためのものなので、今回使用されたのは音響・発光だと思われる。SSTも含めた特殊部隊が使用するフラッシュ・グレネードと用途は近いが、そこまでの威力はない。もっともシー・シェパードや彼らに協力的なメディアは意図的に混同し、暴力的な印象を誘導しようとしているが。

 この警告弾は以前の捕鯨船団への警乗でも使用されており、その際と同様に小銃等も持ち込まれていると思われる。

1665125.jpg

1665152.jpg
シー・シェパードのUAVから撮影された監視船。警乗する海上保安官が確認できる。
ヘルメットの形状などから、以前確認された防弾ヘルメットではなく特別警備隊が使用する
制圧用装備(いわゆる機動隊装備)のFRP製ヘルメットを着用しているようだ。
乗り込んできた活動家を近接して制圧することを想定しているのかもしれない。

img20080307214223803.jpg
以前の警乗において警告弾を投擲する海上保安官。SST隊員だとされている。



以下は、昨年中にアップするつもりで12月26日に作成したエントリを一部修正したものである。
シー・シェパードが今季初の妨害を実施して以降の流れは最新のエントリを参照してほしい。






371126-australia-environment-whaling-fish-japan.jpg


日本の調査捕鯨が再開されてシー・シェパード周辺が騒がしい。当然だ。
彼らにとっては、最高の資金源、宣伝材料なのだから。

そして、あろうことか東日本大震災までもその材料として利用した。
曰く、各国から集められた義捐金が調査捕鯨に使われていると。

煽るSS 復興こじつけ…捕鯨批判報道

 英紙ガーディアンは7日付で「日本の捕鯨船が津波災害資金を使って非難されている」と報道。これを受け、英国の日本大使館は「誤解を招くような見出し」として同紙に反論文を寄稿、「寄付金は一切、調査捕鯨費に使われていないし、今後も使わない」と強調した。

 SSは、転用が事実誤認にもかかわらず、騒動に便乗して「募金を日本に返してもらおう」というキャンペーンを展開、抗議を呼びかけている。SS代表のポール・ワトソン容疑者(国際手配)は豪州のスカイTVに対して「捕鯨費用が、まさか転用されることなど夢にも思わなかった世界中の人々からの募金であることは、誠に恥知らずなことだ」と語ったという。

tumblr_lwknhxyAXB1qe1fcko1_500.jpg

恥知らずなのは彼らのほうである。
寄付金が予算として使われることなどありえないのだ。

これに迷惑したのはなにも日本政府や鯨類研究所だけではない。
調査捕鯨に反対しているグリーンピースをはじめとしたその他の環境保護団体もシー・シェパードのやり方を非難している。

 11日付の英字紙ジャパン・タイムズに寄稿した英紙インディペンデントのデヴィッド・マクニール記者はこの騒動についてふれ、国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンの佐藤潤一事務局長の指摘を取り上げた。佐藤氏は「事実を曲げて述べることは、環境保護活動家のためにならない。これは反捕鯨運動全体の信用性に関わる」とワトソン容疑者を批判したという。

当然だ。

グリーンピースや他の団体は出港前に「復興のための補正予算」の取扱について抗議したのであって、寄付金の流用などという虚偽の情報を流されれば、逆にその抗議の信頼性まで失われる。議論にすらならないことを危惧しているのだろう。

復興財源の一部、調査捕鯨の支援に

補正予算の配分の実態については国際環境NGOのグリーンピースが最初に取り上げ、他のグループも抗議を行っている。護衛船の出港前に補正予算の使用方法を見直すよう政府に要請するグリーンピース・ジャパンが公表した12月1日付の声明には、約18の団体組織が署名した。

水産庁は8日、復興基金を調査捕鯨船団の支援に使用することは適切だとし、捕獲分全てを持ち帰ることが3月11日に被災した商業捕鯨の町の復興支援につながると主張した。東北地方で唯一の捕鯨拠点だった宮城県石巻市の鮎川地区は大半が津波に襲われた。

壊滅した捕鯨産業の拠点を復興させるべきか、もしそうなら調査捕鯨ではなく沿岸捕鯨を重視すべきではないのか、そうした議論が「寄付金の流用」「募金返還」へと摩り替えられ、ただひたすら被災者の心を傷つけていく。

 捕鯨関係者も、(シーシェパード以外の)反捕鯨団体も誰も得をせず、シーシェパードだけが一人勝ち、というわけだ。


 ただ、鯨類研究所側も黙っていたわけではない。彼らの根拠地の一つアメリカにおいて反撃に転じた。

シー・シェパードを提訴 妨害中止求め日鯨研が米連邦地裁に

 日本政府の許可を得て南極海で調査捕鯨を行う日本鯨類研究所(東京都中央区)は9日朝(現地時間8日昼)、反捕鯨団体、シー・シェパード(SS)の妨害を阻止するため、SSの本部がある米ワシントン州の連邦地裁に、妨害の差し止めと船団への接近禁止を求める訴訟を起こしたことを明らかにした。

 鹿野道彦農相は同日、閣議後の記者会見で、差し止め訴訟についてふれ、「(裁判で)どういう判断がなされるか農水省として注視していく。差し止め訴訟を起こしたことで(SSは)妨害行動を起こさないでほしい」と述べた。

 提訴に踏み切った理由について日捕研は、「年を追うごとにエスカレートするSSの妨害活動は船団の安全を脅かしており、看過できない」と述べた。また、同訴訟のほかに仮処分申請も行ったことも明らかにした。早ければ1カ月以内にも裁判所の判断が下されるという。

もっともワトソン容疑者は、こうしたことを意に介さないコメントを発表。

「日本側の最後のあがき」 シー・シェパード代表が調査捕鯨妨害差し止め提訴に反発

 ワトソン容疑者は提訴について「捕鯨産業が衰退する中、日本側による最後のあがきだ」と挑発。「われわれを支援する弁護士らに相談するが、提訴はまったく(妨害)活動に影響しない」と断言した。

それどころか、日本側を脅迫するかのように「危険な妨害活動」を行うと声明した。

Sシェパード「最も危険な妨害活動になる」

 その後の正式声明では、日本側が水産庁の監視船を初めて同行させたことなどを受けて「これまでで最も危険な(妨害)活動になる」と指摘。拘束力を持つ裁判所の判断が出るなどしない限り、当面は妨害活動を強行するとみられる。

 現在は3隻の抗議船がオーストラリア各地で出港の準備を進めている。西部パース郊外に寄港中の高速船ブリジット・バルドー号には、攻撃用とみられる赤い塗料入りの小瓶が用意されていた。団体幹部は「今回は(攻撃用の)ボートを増やした」と話し、激しい妨害活動を示唆した。

そうした動きに頭を悩ませているのは調査捕鯨を行う日本政府だけではない。調査捕鯨に反対し、当初はシー・シェパードの運動に協力していたはずの周辺国も、そうした過激な活動を警戒する動きを見せ始めている。

12日付のニュージーランド紙プレスは、南極海で近く実施される日本の調査捕鯨に対し、反捕鯨団体「シー・シェパード」が激しい妨害活動を行う恐れがあるとして、ニュージーランド海軍の艦艇2隻が南極海へ派遣される可能性があると伝えた。

シー・シェパード捕鯨妨害想定、NZ海軍が艦艇派遣か

 ニュージーランド国防省筋の話として報じたが、詳細は不明。両者の衝突で死傷者が出る事態を防ぐため、同国政府が派遣を検討している可能性がある。ニュージーランド政府は10月、日本の調査捕鯨継続を非難する声明を出している。

捕鯨に反対している国にとってもシー・シェパードは危険な存在になりつつある。

シー・シェパードの捕鯨妨害活動、オーストラリアが捜査に着手 

 オーストラリア(豪州)のラドウィッグ農水林業大臣は12日、鹿野道彦農林水産相と農水省内で会談し、豪州の警察当局が南極海における日本の調査捕鯨の妨害活動の捜査に着手していることを明らかにした。


 一方、ラドウィッグ氏は豪州が調査捕鯨の廃止を求めていることから、「捕鯨に対して日本と豪州の立場は異なる」と説明。その上で、「法律順守は当然必要であり、すでに警察、海上保安当局が(昨年度の)妨害活動の捜査を開始している」と応じた。

国際法廷での決着を目指しているオーストラリア・NZ・オランダ各国にとって、犯罪行為となるような妨害活動は、逆に立場を悪くするのだ。また、IWC総会でシー・シェパードを非難し安全確保を目指す声明が出されたことも大きい。

関連エントリ:IWCで名指し非難されたシーシェパード、差し押さえられる

このときは、反対していたオーストラリアですら妨害が危険な行為であるということを否定できなかった。
それゆえ、今回の調査捕鯨に反対する声明でも日本を非難しつつも、妨害活動に釘を刺す形となっている。

調査捕鯨「安全最優先に」 米豪蘭NZが共同声明

 米国やオーストラリアなど4カ国は14日、共同声明を発表し、近く南極海で始まる日本の調査捕鯨と、反捕鯨団体による抗議活動をめぐり、国際的なルールに基づき人命の安全を最優先に考えるよう、双方の当事者に「責任ある行動」を求めた。

 名指しは避けながらも、反捕鯨団体「シー・シェパード」による抗議活動を念頭に置き、人命を危険にさらすような両当事者によるあらゆる行為を非難すると警告した。


そんな中、捕鯨船団を迎え撃つかのようにシー・シェパードの「艦隊」も「出撃」したのだった。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 捕鯨・反捕鯨 シー・シェパード 捕鯨船 調査捕鯨 UAV PMC テロ対策

2012-01-13 : 捕鯨・環境問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

シー・シェパードによる「使い捨て突入要員」作戦

UAVによる捕鯨船団の捕捉に成功したシー・シェパードは例年通りの妨害活動を開始した。

調査捕鯨:シー・シェパード妨害、捕鯨船に5時間--今年度初、南極海

 水産庁は5日、南極海で活動している調査捕鯨船団の1隻が、反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の妨害活動を受けたと発表した。乗組員や船体に被害は確認されていない。今年度の調査捕鯨でSSの妨害を受けたのは初めて。

 同庁によると、船団に所属する捕鯨船「第3勇新丸」(720トン)は日本時間の4日午後6時ごろから約5時間、ロープやワイヤを引きながら航行するSSの小型ボート2隻に船首付近を約30回横切られたり、浮きのついたロープを近くに投げ込まれるなどの妨害を受けた。

以下の写真は(財)鯨類研究所提供のもの。6日に行われた2度目の妨害も含む。

gpandsea-img346.jpg 

gpandsea-img349.jpg 

gpandsea-img351.jpg 

増強されたボブ・パーカー搭載のRHIBがロープをくくりつけたブイなどを投げ込み、航行の妨害を行っている。ロープを投げ込んでスクリューに巻き込ませるのは至難の業だが、ひとたび巻き込めば航行不能となり、ダイバーなどで取り除く作業が必要となる。また、機関に負荷を与え、損傷する可能性もあり危険な行為であるといえる。そうした航行妨害のほか発炎筒の投げ込みも行われた。

今回のRHIBによる妨害は、行為そのものを見れば例年通りだが、その手段となったRHIBは単に数が増強されただけではない。後部に水上レーダーが搭載され母船からの指示なしに、ターゲットとした捕鯨船団を追い続けることが出来る。

これにより波で損傷したブリジット・バルドーが担っていた高速追尾および針路妨害の任務をRHIBが代行できるわけだ。

gpandsea-img344.jpg
シーシェパードのRHIBに搭載されたフルノ製レーダー
同社のレーダーは優秀であり各国海軍艦艇から北朝鮮工作船・中国違法漁船に至るまで搭載されている



もっとも、ブリジット・バルドーの損傷は彼らにとっても予期していないアクシデントであり、RHIBがその想定外の任務を行うとなれば乗っているクルーの負担も相当なものになる。それだけ事故の危険性も増す。むやみに日本側の船に接近する機会が増えるからだ。

事故でもおきれば日本の調査捕鯨に危険行為というレッテルを貼ることが出来る。自分たちの行為を棚に上げて、だ。

ただ、「ボランティア」で元手がタダであるクルーがほとんどといっても、RHIBを操船しロープやら発炎筒やらを投げ込める人間を簡単に失うわけにはいかなかったのかもしれない。

そんな時、シー・シェパードにちょうどいい、「使い捨て要員」があわられた。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 捕鯨・反捕鯨 シー・シェパード 捕鯨船 調査捕鯨 水産庁 取締船

2012-01-11 : 捕鯨・環境問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

捕鯨船団の「護衛監視船」が出港

調査捕鯨船団を構成する目視採集船など3隻が下関を出港した。

調査捕鯨船団:3隻が下関漁港を出港 式典などはなし

 今年度の南極海の調査捕鯨船団に加わる目視採集船「第2勇新丸」(747トン)と「勇新丸」(720トン)など3隻が6日午前、海上保安官を同乗させて山口県下関市の母港・下関漁港を出港した。

20111206k0000e040161000p_size5.jpg
関係者に見送られながら出港する目視採集船「勇新丸」
=山口県下関市で2011年12月6日午前10時20分、松田栄二郎撮影

 水産庁は船団について「安全のため、出港時期や行動はお伝えできない」としており、下関漁港では式典などを控え、船員の家族や関係者らに見送られ、静かに船出した。

捕鯨船団の行動をシーシェパードに知られないようにするため、ひっそりとした船出となった。

見出しでは下関から出港した船を3隻としている。しかし記事では「第2勇新丸」と「勇新丸」の2隻しか書かれていない。

YUSHIN MARU No.2(第二勇新丸) 詳細データ

勇 新 丸  Yushin Maru

では3隻目の船とは何なのだろうか。

実はこの3隻目の船こそ捕鯨船団の護衛にあたる「監視船」なのである。

調査捕鯨船団が下関出港、水産庁護衛船も同行

 南極海で調査捕鯨を行う日本船団の3隻が6日、山口県下関市の下関漁港を出港した。日本の調査捕鯨を巡っては、反捕鯨団体「シー・シェパード」の妨害行為が激しくなっており、昨季は予定より約1か月早く打ち切った。今回は水産庁が初めて護衛用の船を同行させる。

 下関から出港したのは、捕鯨船「勇新丸」(720トン)と「第2勇新丸」(747トン)、監視船「第2昭南丸」(712トン)。水産庁は「安全対策上のため」として日程や船団の規模、出港地などについて発表していない。例年通りなら母船などと合流し、約4か月間でミンククジラとナガスクジラ計900頭を捕獲する予定だ。

20111206-794459-1-L.jpg

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 捕鯨・反捕鯨 シー・シェパード 捕鯨船 調査捕鯨 水産庁 取締船

2011-12-06 : 捕鯨・環境問題 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

今回も調査捕鯨に海上保安官警乗へ、最大規模の警備体制

以前、当ブログで推測したとおり、今回の調査捕鯨船団にも海上保安官が警乗することが公表された。

関連エントリ:調査捕鯨船団に護衛船の派遣が決定

南極海調査捕鯨:船団に海上保安官同乗 SS妨害対策

 反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」対策のため、海上保安庁は5日、今年度の南極海の調査捕鯨船団と水産庁の監視船に海上保安官を同乗させることを決めた。船団への乗船は07年度、10年度に続き3度目。水産庁からは巡視船出動を求める要請もあったが、「国際法上、巡視船を派遣しても取り締まりは行えず、効果的ではない」として断念した。

結局、農水省が強く求めていた巡視船の派遣は見送られた。

 海賊対処法が成立する以前であれば、日本の国内法における「海賊行為」の定義は明確でなかったため(国際法上「海賊」が規定されていても、警察権執行においては行使側の国内法に基づく)解釈によっては通常の刑法犯である器物損壊や威力業務妨害に相当すると思われるシーシェパードの妨害行為も私的目的の「海賊行為」であると解釈する余地があった。しかし、海上自衛隊の派遣を想定した海賊対処法においては厳密な判断が求められるため、シーシェパードの行為はたとえ危険であっても身体・物品の奪取を目的とした「海賊行為」とは捉えられず、公海上での管轄権行使が極めて困難になってしまったのである。

 このような場合、公海上においては船籍国(旗国)による管轄権行使のみが認められる。例外としては、その旗国が委任した場合(同様のステートメントを正式に発した場合)、他国による法執行が可能となる。

 また、船籍が剥奪され、無国籍船となった場合も海賊行為と同様、万国に公海海上警察権の行使が認められる。もっとも、船籍国の一つであるオランダはそのいずれも実行する気はないようだ。

SS抗議船の旗国オランダ SSの暴力「違法とは言えない」

 SSの暴力は、船舶の安全などを定めた海洋航行不法行為防止条約に違反する疑いがあり、日本側はオランダ政府にSSを取り締まるよう要請。オランダ側はしかし、捜査権を行使して船の拿(だ)捕(ほ)や活動家の立件などに踏み切っていない。

 同当局者はこの理由について、「船団の航海日誌や船員名簿などの証拠の提出を当事国・日本に要請しているが、まだ提出されていない」と話した。

 さらに、反捕鯨派が多数を占めるオランダ国民の総意が、SSの取り締まりに影響を及ぼしていることも示唆した。この当局者は「大半の国民は調査捕鯨を違法とみている」と前置きした上で、「捕鯨反対のデモを行う団体を規制すれば、政府の行為は国民感情と合わなくなる」と指摘した。

オランダにはグリーンピースの本部があるのも反捕鯨の「国民感情」の背景にあるのだろう。更に言えば、そうした環境保護先進国という国際的イメージに傷がつくのを恐れているとも考えられる。

 一方、シーシェパードはこうした反捕鯨感情を利用し資金源としてきた。シーシェパードの活動費だけでなく、代表のポール・ワトソン容疑者の個人収入も増加しているという。

日本たたきで個人収入アップのシー・シェパード代表 ここ6年で4千万円

 米国の反捕鯨団体、シー・シェパード(SS)代表のポール・ワトソン容疑者(傷害容疑などで国際指名手配中)の2010年の報酬が、前年より2・5万ドル増の12万ドル(約920万円)だったことがわかった。05年に南極海調査捕鯨妨害を開始して以来、ワトソン容疑者が受け取った資金は52万ドル(約4千万円)にもなる。日本への過激な妨害をPRして集めた寄付金で、“私腹肥やし”を行っていた形だ。一方、SSの拠点の1つとなっている英国で、与党保守党の国会議員、ザック・ゴールドスミス氏がSSの資金集めを支援し、英国での後援者となっていたこともわかった。(佐々木 正明)

 一方、SS英国支部も年間収入を増やした。昨年は、33・8万ポンド(約4000万円)と前年より26万ポンド増加した。報告書には「後援者が増えた結果だ」と記され、最大の後援者の1人として、チャリティーイベントなどでSSの活動を支えたゴールドスミス氏の名前を挙げている。

 ゴールドスミス氏は環境保護関連の雑誌編集者を務めた経歴を持ち、保守党の政治活動にも参加。昨年5月、ロンドン市内の選挙区から立候補し当選、下院議員となった。公式サイトには「幅広い分野で環境保護問題に関与している世界中の団体のために資金を集めている」と記されている。

シーシェパードが各国国民の環境保護への意識を反捕鯨へ捻じ曲げる一方で、各国政治家はシーシェパードを支援することによって支持者に環境保護への取り組みをアピールしているという構図が浮かび上がる。

 日本においては、反捕鯨を単に文化の違いによる摩擦や、人種差別、宗教(狂信)的信仰と捉えがちだが、実際には、以前から述べてきた南極における権益確保と同様政治的な動機が見え隠れしている。

 そして、シーシェパードはこうして得た資金を使い捕鯨妨害用の装備を増強させたとのことだ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : エコテロ・シーシェパード
ジャンル : 政治・経済

tag : 海上保安庁 特殊警備隊(SST) 警乗 海賊行為 捕鯨・反捕鯨 シー・シェパード 捕鯨船 調査捕鯨 水産庁 取締船

2011-12-05 : 捕鯨・環境問題 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

欺瞞だらけの反捕鯨、シー・シェパードは法の執行者ではない

2011-11-07 日本の違法捕鯨について(1)

日本の調査捕鯨について

No Sea Shepherd - law enforcer を名乗る暴徒

国連憲章を曲解した、何の権限も与えられていない暴徒の集団を法執行者と表するこの報道には疑問を呈さざるを得ない。ガーディアン紙はしばしば環境保護を標榜する団体が主張するゴシップ記事を配信している。


Sea Shepherd: 'law enforcer of the high seas' - video


The Cove's message is gruesome but facile



フカヒレ用で「サメ激減」英紙が批判


鯨漁妨害を想定 太地、漁期を前に訓練

県警が8月下旬に特別警戒本部や臨時拠点を設置するなどして、予想される妨害行為に臨む態勢を強化するに当たり、海保との連携を深めるために実施した。県警からは新宮、串本両署を含め55人、海保からは田辺、和歌山両海上保安部、串本海上保安署を含め60人が参加した。
 訓練では、太地港沖で不審船を発見した、との通報で県警と海保の署員が現場に急行。港内に浮かぶいけすの網を切った2人を威力業務妨害の容疑で逮捕。ボートで逃げる別の2人も海保の機動艇2隻で追い掛け、取り押さえた。岸壁では抗議活動をした2人の身柄を確保した。イルカを積み込み、輸送しようとするトラックの走行を妨害したとして6人を逮捕する訓練もした。上空では県警のヘリコプターが警戒活動し、陸、海、空で連携して取り組んだ。


鯨漁妨害想定し初訓練 太地 県警と5管、連携確認

 伝統的な小型鯨類の追い込み漁が行われる太地町で27日、海外の反捕鯨団体による漁の妨害を想定した県警と第5管区海上保安本部の合同訓練が初めて行われた。
 9月1日からの漁期を前に、警察官と海上保安官計約120人が参加。活動家がボートで太地港に侵入し、イルカを入れるいけすの網を切断したり、イルカを運ぶトラックを妨害したりしたとの想定で行った。
 訓練では、県警のヘリコプターが上空で監視する中、海上保安部のボートが不審船を追跡。船に乗り移って活動家を取り押さえるなど、海と陸の両方で、違法行為を取り締まるための連携や手順を確認した。


<和歌山>反捕鯨団体の違法活動取り締まり訓練

訓練では、オレンジ色が反捕鯨団体、追跡する黒色が海上保安庁です。漁を妨害しようとする外国人を、海上保安庁が警察と協力して逮捕しました。太地町の追い込み漁は、例年9月から翌年の春まで行われます。長期滞在する外国の反捕鯨団体が、漁を監視する姿がしばしば見られ、去年はイルカのいけすの網が切られる被害が発生しました。ヨーロッパの団体がネット上で犯行声明を出しています。警察と海上保安庁は今年は去年より、反捕鯨活動が活発になるとみています。羽山潤一郎県警公安課長は、「猟師の方、反対する方のトラブルを防いでいく。厳正に対処したい」と話しました。8月末には、臨時の交番を作って特別警戒本部を設置し、24時間体制で警備にあたるということです。




katabire 太地町の治安のために

追い込み漁に関する警備費用(臨時交番)を町が負担する異常さ

今年初追い込み


Cove Guardian Reports機械翻訳


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 環境問題
ジャンル : ニュース

2011-10-29 : 捕鯨・環境問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。