「はてるま」型の終焉と新「もとぶ」型巡視船の配備

八戸海保巡視船が老朽化で交代

八戸海上保安部は23日、同海保所属の巡視船「しもきた」が老朽化のため3月26日付で退役し、同日付で第11管区海上保安本部(那覇市)所属の巡視船「もとぶ」が2代目「しもきた」と改名して配属されると発表した。2代目「しもきた」は県内の海保に配備される巡視船としては初めて、ヘリコプター発着用の甲板を備えている。


新「しもきた」配属へ/八戸海保(2012/02/24 11:01)

 八戸海上保安部(野口修部長)所属の巡視船「しもきた」(680トン)が3月26日付で解役となり、第11管区海上保安本部(那覇市)所属の巡視船「もとぶ」(1300トン)が同日付で新「しもきた」として八戸海保に配属される。旧しもきたの老朽化や、総合的な巡視船の配置見直しに伴う配属替え。もとぶは、洋上で他船への補給業務が可能な「拠点機能強化型」巡視船で、2管本部(宮城県塩釜市)への配備は初めて。
【写真説明】
3月26日付で新「しもきた」として八戸海上保安部に配属される「もとぶ」(八戸海上保安部提供)



巡視船「しれとこ」を回顧 小樽

 しれとこの後継船は、中城(なかぐすく)海保(沖縄市)の巡視船「くにがみ」(1300トン)が配備され、船名は「しれとこ」を引き継ぐ。



巡視船「しれとこ」解役~記念パネル展と船内見学会~ (2012/03/17)

巡視船「しれとこ」新旧交代 解役と配置披露式 (2012/03/26)

巡視船「しれとこ」新旧交代 解役と配置披露式




小樽海保で巡視船2代目しれとこが就役(2012/03/26)北海道新聞

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-05-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索