スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中国海軍が沖ノ鳥島周辺で演習。VT-UAVも運用

日中が信頼醸成で一致 海洋協議、「尖閣」はすれ違い

沖縄県の尖閣諸島周辺など東シナ海での不測の事態発生に備える危機管理メカニズムを日中両政府が話し合う初の「海洋協議」2日目の会合が16日、中国浙江省杭州市で行われた。日中両政府は信頼醸成の構築が重要との認識で一致した。尖閣諸島をめぐっては双方は互いの原則を主張した。

 協議では、日本側は外務、防衛両省、海上保安庁など、中国側は外務、国防両省と海洋監視船を所管する国家海洋局など実務レベル担当者が出席し、全体会合や担当分野の分科会が行われた。

 中国は協議テーマに海洋の環境保護分野の日中共同事業や日中境界線画定協議の再開を提案しているもようだ。ただ、中断している東シナ海のガス田交渉は今回の協議対象としないことで合意している。




日中、「尖閣」めぐり原則主張=危機回避へ信頼醸成で一致-緊張の中で初の海洋協議

また焦点の一つだった尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題をめぐり、双方は原則的立場を主張したが、激しい応酬にはならなかった。
 亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」が東京都内で開催されるなど日中関係が緊張する中、反日感情の根強い国内世論に配慮した中国側はこの日の協議を「ひっそり話し合いたい」と要望。冒頭取材も認めない「完全非公開」となるなどピリピリした雰囲気の中で5時間以上にわたり議論が行われた。

 一方、日本側は、ガス田共同開発の交渉再開に前向きな対応を中国側に促した。次回会合は今年後半、日本で行うことを確認。次官級の海洋協議も年内に行う方向で調整を進めるとみられる。
 この日の協議は、山野内勘二外務省アジア大洋州局参事官と易先良・中国外務省国境・海洋事務局副局長が首席代表を務め、外務、防衛、海上保安など海洋関係機関の幹部らが一堂に会した。午前の全体会議に続き、午後は「海洋政策・海洋法」に関するワーキンググループ会議を開いた。
 17日には日中の協議参加者は上海を訪れ、海洋監視船を管轄する中国海監東海総隊を視察。こうした交流が双方の信頼醸成につながるか注目される。



中国、海監東海総隊見学に日本を招待 目的は?

今回中国側は会議のほかに、日本代表団を海監東海総隊の見学に招いた。それはなぜか?

中国社会科学院日本研究所の高洪副所長は、「海洋の問題には安全保障問題、協力問題、境界問題、領有権問題などさまざまな方面の問題がある。対話後、日本に中国の海監総隊を見せるのは、中国側の問題解決に向けた誠意を示すのが主な目的で、当然中国政府の懐の深さを示すことにもなる。われわれは透明であると。日本に、世界に、中国が問題を解決し、両国関係の大局を維持する意思があることを伝えるには、われわれが自ら誠意を示すことが非常に重要だ」と話した。



黄埔造船掘金海监船市场

4月28日,随着中国海洋局海监总队驻广州中船黄埔造船有限公司首席代表启动数控切割机,黄埔造船首艘4000吨维权执法专用海监船开工建造。

据了解,4月28日开工的4000吨海监船总长99米,型宽15.2米,型深7.6米,设计最大航速为19.35节,载员24人,续航能力达1.2万海里,自持力为40天。该船配备了减摇鳍、侧推装置、液压折臂式伸缩克令吊、液压伸缩克令吊、液压拖曳绞车等先进设备,主要用于中国沿海200海里专属经济区海上安全保卫和海洋执法、海上资源和环境保护、海上事故调查等工作,并承担救生、海上浮标维护等任务。根据此前成功交付的4艘1000吨海监船的建造经验,黄埔造船在承建项目之初就制订了详细的建造方案,对精度管理、密试、栖装、涂装、分段制作与搭设、设备安装、“6S',管理等进行了精心布置。




中日が海洋協議 敏感度の低い問題から先に解決を

 両国関係の大局維持が中日双方の本協議の共通の目的だった。中日間の海洋問題はかなり複雑で、分野別では海洋の安全保障、海洋協力、島嶼領土問題、海洋境界など、地域別では釣魚島の領土問題、東中国海の境界問題、沖ノ鳥礁の性質などの問題がある。

 これらの問題について、04年以降、さまざまな形、レベルで対話や会談が繰り返し行われてきたが、対話の多くは分野が限られ、不定期だった。近年、海上問題が激化し、対話メカニズムの構築が求められるようになった。定期的な対話を通じて海洋問題を解決する必要性が出てきたのだ。

 問題処理の難しさによって中日の海洋問題は敏感度の低い問題と高い問題にわけることができる。領有権、管轄権に関する問題、例えば釣魚島問題、東中国海問題などは敏感度の高い問題だが、残り問題は敏感度の低い問題といえる。

 長年、中日の海洋問題に関する対話は実質的な成果が得られなかった。それは、敏感度の高い問題で緊張が走ると、敏感度の低い分野の話し合いや協力も凍結或いは中断せざるを得ないからだ。
両国間の関連問題を総合的な対話メカニズムに取り入れれば、海上犯罪対策、海上汚染防止、海上緊急救援など敏感度の低い分野を先に解決できる。

 中日両国の海洋問題は非常に複雑で、発火点が低く、海上摩擦が起きやすく、両国関係の大局にも影響する可能性がある。こうした問題は短期間で解決できるものではないが、スムーズな対話ルートを構築し、関連問題の意見交換がすぐになされれば、誤解を回避したり減らし、事態の悪化を防ぐことができ、両国の相互信頼を構築するのに役立つ。(中国社会科学院海上境界問題研究者 王暁鵬氏)



沖ノ鳥島基点の大陸棚は未認定=日本側発表に反論-中国外務省

中国外務省の洪磊・副報道局長は16日の記者会見で、国連の大陸棚限界委員会が日本最南端の沖ノ鳥島(中国名・沖ノ鳥礁)北方の四国海盆海域などを日本の大陸棚として認める勧告を採択したと日本政府が発表したことに対して「沖ノ鳥礁を基点とする大陸棚延長は認められていない」と反論した。

中国側は、同委が認定した四国海盆海域について「日本のその他の陸地領土に基づく大陸棚延長であって、沖ノ鳥礁とは関係ない」と指摘。また、「日本側が沖ノ鳥礁を基点として大陸棚延長を求めていた九州・パラオ海嶺(かいれい)南部海域は認定されていない」と説明した。 
 その上で洪副局長は「中国や韓国は、居住に適さない沖ノ鳥礁は排他的経済水域(EEZ)や大陸棚に含めるべきではないと主張してきた。日本には沖ノ鳥礁が『島』と認定されたと言う者もいるが、その根拠はない」と強調。「(同委の決定は)公正かつ合理的で、国際法に合致し、国際社会の全体利益を守るものだ」と歓迎した。(2012/05/16-20:12)



中国、「沖ノ鳥礁」に関する国連の処理結果を歓迎

 この問題について洪磊報道官は、「大陸棚限界委員会が発表した処理の結果では、日本の『沖ノ鳥礁』に基づいた大陸棚の主張は認められなかった。日本は『沖ノ鳥礁』が島と認められたと発表しているが、まったく根拠がない」と述べました。

 また洪報道官は、「日本が大陸棚の拡大を申請したのは約74万平方キロだが、認められたのは31万平方キロだけだった。却下された海域には、日本が『沖ノ鳥礁』に基づいて主張した約25万平方キロの『九州パラオ海嶺南部海域』が含まれている」と指摘しました。そして、「日本側は、『沖ノ鳥礁』の北にある『四国海盆海域』に関する申請が認められたことを主張しているが、『沖ノ鳥礁』とは関係がない」と述べました。

 さらに洪報道官は、「日本が大陸棚限界委員会に申請を出した後、中国と韓国は数回にわたって国連事務総長と話し合い、国際法では、人類の居住に適さない『沖ノ鳥礁』が排他的経済水域や大陸棚を持つはずがないと強調した。そして日本の『沖ノ鳥礁』に基づく大陸棚の主張を認めないよう求めた。また多くの国も『沖ノ鳥礁』に関する日本の不法な主張に異論を唱えた。


中国艦3隻 大隅海峡を通過

 防衛省によると、海上自衛隊のP3C哨戒機が鹿児島県の屋久島の西約430キロの海域で、ジャンカイII級フリゲート艦2隻とドンディアオ級情報収集艦1隻を発見した。3隻は大隅海峡を通過後、太平洋を東進している。通過自体に国際法上の問題はないが、P3Cと護衛艦「はるゆき」が監視を継続している。

04/30[発表]中国海軍艦艇の動向について

plan_fleet_0429_01.jpg
plan_fleet_0429_02.jpg

国防省、「中国海軍の西太平洋航行は恒例活動」

 中国海軍の艦艇が30日、大隈海峡を通過したという日本のメディアの報道をめぐり、中国国防省報道事務局の関係者は、「中国人民解放軍の海軍艦艇編隊が訓練のため、西太平洋海域へ航行するのは、年度計画内の恒例活動で、特定の国や目標に対したものではない」と表明しました。

 さらに、中国は関連海域で航行の自由など合法的な権利があり、国際法にも合致するもので、「異例の事件」はそもそも存在していないと強調しました。日本のメディアに対して中国の恒例の軍事訓練を過度に報道しないよう期待を寄せました。



中国海軍艦艇5隻が太平洋を東に 海自が警戒強化

 防衛省によると、6日午前6時ごろ、海自P3C哨戒機が、中国のルーヤンI級ミサイル駆逐艦2隻、ジャンカイII級フリゲート艦2隻、ユージャオ級揚陸艦1隻の計5隻が沖縄本島南西約650キロの公海上を航行しているのを確認した。同級の駆逐艦と揚陸艦を海自が確認したのは初めて。

 5隻は沖縄本島南西約610キロの第1列島線付近を通過時、揚陸艦を先頭にV字形の陣形を保ち航行する難易度の高い訓練を行った。これは防空能力に劣る空母を周囲の駆逐艦などが防護する陣形であり、年内就役に向け、試験航行を続ける訓練用空母「ワリヤーグ」や、建造中の国産空母の運用を念頭に置いた訓練だとみられる。

plan_fleet_0506_01.jpg
plan_fleet_0506_02.jpg

中国艦船「動向を注視」 官房長官、活動活発化を警戒

 藤村修官房長官は9日の記者会見で、中国海軍艦艇5隻が沖縄南西海域を東進しているのが6日に確認されたことに関し「艦載ヘリコプターの近接飛行など危険な行動や、わが国領海内での航行は認められなかった。動向を引き続き注視していく」と述べた。そのうえで中国が海洋進出を活発化させていることを指摘し、「今後も活動領域の拡大や外洋での活動の常態化を図っていくのではないか」と警戒感を示した。



沖ノ鳥島東方で無人機訓練=大隅海峡通過の中国軍艦-防衛省

 防衛省は15日、鹿児島の大隅海峡を先月30日に通過して太平洋に向かった中国海軍のフリゲートなど艦艇3隻が、沖ノ鳥島の東約700キロの海域で、無人航空機の飛行訓練をしていたと発表した。
 同省によると、警戒に当たった海上自衛隊の護衛艦などが、フリゲートの甲板からヘリコプター型無人機が離着艦する様子を確認した。中国側は情報収集艦も帯同させており、同省は訓練の意図などを分析している。 

plan_vtuav_1.jpg
186448l.jpg
plan_vtuav_2.jpg

関連エントリ:沖縄本島と宮古島の間の「公海」を往復した中国艦隊、艦載UAVを運用



中国の無人機、東北アの軍事バランスに影響か

中国艦隊が無人機搭載 日メディア驚愕

「銀鷹」無人通信中継機

中国海軍、初の無人機による戦場での長距離通信支援演習




中国海軍 外洋での行動能力が向上か

太平洋で訓練を行っていた中国海軍の艦艇3隻が、15日未明、沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過し中国の方向へ向かったことが確認されました。
これらの艦艇は、今回の訓練で北マリアナ諸島近くの海域まで進出していて、防衛省は、中国海軍が外洋で長期間、行動する能力を高めていると見て分析を進めています。
防衛省によりますと、15日未明、中国海軍のフリゲート艦2隻と情報収集艦の合わせて3隻が、沖縄本島と宮古島の間の公海上を太平洋から東シナ海に向けて航行しているのを海上自衛隊の哨戒機などが確認しました。



中国、外洋海軍力向上 北マリアナ諸島付近に進出 防衛省分析


中国海軍の艦艇3隻、宮古島沖通過し東シナ海へ

 防衛省は15日、鹿児島県の大隅海峡を先月30日に通過して太平洋に向かった中国海軍の艦艇3隻が14日夜、沖縄県・宮古島の北東約110キロの海域を太平洋から東シナ海に向かって通過したと発表した。

同時期に、台湾南方から別の中国艦艇5隻も太平洋に向かったことが確認されており、一緒に訓練を行った可能性もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-05-17 : 沖ノ鳥島問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。