今だからこそやるべき、なのか?海猿続編決定

もはや「死ぬ死ぬ」詐欺ならぬ「完結編」詐欺になってきた感じがする(笑

某映画が「限界」「最後の」と来たのに、続編を作ることが決定したのだ

言うまでもない「海猿」である。
001.jpg 

「今だからこそやるべきだ」と決意新た 第4弾「海猿」製作決定

 10年の実写日本映画興行収入ナンバーワンを記録した「海猿」シリーズの第4弾「BRAVE HEARTS 海猿」が製作されることが9日、明らかになった。主要キャストの伊藤英明さん、加藤あいさん、佐藤隆太さん、三浦翔平さん、時任三郎さんは引き続き登場。新作で伊藤さん演じる仙崎大輔の活躍の場は、海上保安官1万3000人の中でわずか36人しか選ばれないというスペシャリスト集団「特殊救難隊」となる。

 新作について、伊藤さんは「日本が、東日本大震災というとても困難な状況に直面している今の時期に“人命救助”を扱うエンターテインメントである『海猿』を作っていいのか」と複雑な思いだったが、「震災を通して“誰かのために闘っている人たちがいる”ことも強く感じました。同時に、こうした状況下でも、いまだに多くのファンの方から、『また仙崎が見たい』という声をいただいて、その結果“今だからこそ海猿をやるべきなんだ”と自分の中で決意しました」と熱い思いを語った。

1作目では潜水士訓練生、TVシリーズでは巡視船「ながれ」(架空)潜水士、2・3作で機動救難隊(架空。実際には機動救難士であり「隊」は便宜上呼ばれることもあるが存在しない)となったが、今回はついに海保における海難救助のトップエリート「特殊救難隊」、通称「トッキュー」となるわけだ。

 映画の舞台は、前作の世界最大級の天然ガスプラント「レガリア」の事故から2年後。自ら志願した「特殊救難隊」に入隊した仙崎(伊藤さん)は、後輩の吉岡(佐藤さん)とともに、原作の中で最大の海難事故である「ジャンボジェット機の緊急海上着水」に挑む。新たに平山浩行さん、伊原剛志さんのほか、佐藤さん演じる吉岡の恋人役で、仲里依紗さんが出演する。

 臼井裕詞プロデューサーは「われわれが次の『海猿』で表現したいことを考えたとき、真っ先に浮かんだのが、“特救隊”という、海上保安官の中で最も上のステージで闘う仙崎の姿と、原作の中で、これまで映像化は不可能だと思われていた、“ジャンボジェット緊急海上着水”を描くことでした」と脚本への思いを語り、震災を受けて「『BRAVE HEARTS』、すなわち『どんな困難な壁も、多くの人が集まって勇気ある一歩を踏み出せば、きっと乗り越えられる』というメッセージを、今を生きる皆さんに伝える決意が加わりました」と、シリーズ最大のスケールをファンに約束。伊藤さんも「今回は“一人でも多くの人を勇気付けたい”という思いが一番大きいです。皆さんが仙崎の姿を見て勇気を持ってもらえたらと思います」と意気込んでいる。

あれ、でも、旅客機の海上着水って2の冒頭でやらなかったっけ・・・?

 日本が困難な状況に直面している今だからこそ勇気付けたいという心意気は分からなくはない。しかし、果たしてそういった現状で、今までのように海上保安庁が全面協力できるだろうか?

 映画で見栄えのする大型巡視船は東北と尖閣を往復する日々である。たとえ何とかスケジュールを調整したとしても、撮影中に緊急で呼出しがあることは十分考えられる。というか、今までの作品でも何度かあった。

 だが、逆に言えばだからこそ、「トッキュー」であり「ジャンボ機着水」というネタに絞ったのかもしれない。原作では、福岡空港行きの旅客機が博多湾に着水したが、今回は東京湾あたりに改変するのではないだろうか。

 1作目、3作目に「はかた」(前・現とも)、「ちくぜん」(同船はTVシリーズにも登場)、さらに1作目には当時最新鋭の「ふくえ」が海自との合同訓練を断ってまで参加させた七管、2作目に多数の巡視船艇を参加させた十管は、尖閣諸島警備のローテーションに組み込まれているため、以前のような協力は難しいだろう。警備以外の時には東北にも派遣されるし、当然ながら地元管区での任務もある。

 三管も事情は同様だが他の管区より勢力が充実しており、さらに舞台が夜の海上で航空機救難となればセットとCGで、かなりの部分がごまかせるという算段ではないだろうか。


 でもなぁ・・・この間の映画では完結編と銘打ったのだから、TVシリーズ第二段でもよかったんじゃないだろうか?まぁ、それはそれで海保の協力が難しかったり、映画と違って制作費の回収が難しかったりするんだろうけど。中国船ネタでもやれば、フジテレビ叩きの沈静化に一役買ったに違いない?

 しかし、まぁ、伊藤英明もなかなか「海猿」のイメージから抜けれなくなってきたね。いっそのことメンバー総入れ替えで「トッキュー」(マガジン連載)のほうを映像化して、原作の枠を超えて「仙崎」がゲスト登場とかのほうがおもしろかったかも!?



 フジテレビといえば韓流だのK-POP推しだので叩かれているが、海猿を製作している同局だからこそ放送してほしい韓国ドラマがある。

 それは韓国版「海猿」と言ってもいい「ポセイドン」だ。

このドラマについてはBlogari版ブログの以前のエントリでも取り扱っている。

関連エントリ:増強し続ける韓国海洋警察庁・新造警備船

新ドラマ出演陣が敬礼で秋夕のあいさつ

チェ・シウォン、イ・シヨン、イ・ソンジェら「ポセイドン」の主演俳優は海洋警察の制服を着てりりしい姿勢で敬礼をしている。特にイ・シヨンは男性俳優らの間でもカリスマを見せ、男性顔負けの華麗なアクション演技まで期待させる。彼らは海洋警察の未解決事件を扱う捜査9課の隊員として活躍する。

「ポセイドン」は韓国で初めて海洋警察未解決事件捜査隊のリアルストーリーを盛り込んだ。「オールイン」のユ・チョルヨンPDと、「アイリス」のシナリオを書いたチョ・ギュウォンのタッグも期待される。ドラマは19日から始まる。

救難を前面に押し出したせいで、映画では原作にあった警備業務がほとんど扱われず、TVシリーズでも設定改変により考えられない状況ばかりだった日本の「海猿」だが、韓国の「ポセイドン」では事件捜査や警備に重きを置いたストーリー展開になるようだ。海洋警察の警備船艇、ヘリ、ホバークラフトも撮影に参加しているらしい。
201106300841772101_1.jpg 


また、ストーリーの展開上、出演者は海洋警察の特殊部隊である特攻隊(SSAT)で銃器に関する訓練を受けている。

20110624183318122.jpg 


また、登場人物の一人は、海上保安庁で研修を受けるため日本へ去ったという設定らしい。

0909Poseidon3.jpg 


「海猿」がこの間の映画で海洋警察を登場させたように「ポセイドン」にも海上保安庁がチラリと出てくる可能性があるわけだ。日本でともに訓練を受けたにもかかわらず、SSTとSSATが竹島や漁船を巡って対立することになる・・・という展開もありうる・・・?

 フジテレビは「海猿」を製作し韓流をプッシュするテレビ局としてなんとしても、「ポセイドン」の日本放映権を手に入れるべきだろう(笑) このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

tag : 映画 TVドラマ 海猿 海上保安庁 韓国 海洋警察庁

2011-09-10 : 映画 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

うーん。
30年近く時間が経過しているとはいえ、羽田沖は「実際に」事故が起きているのでまずいのと違います?

>TVシリーズ第二弾

 2と3の間に単発企画(踊る大捜査線方式)があったらしいです。

>原作の枠を超えて「仙崎」がゲスト登場

 これはぜひ観たいですね(笑)。
2011-09-16 00:41 : HMS URL : 編集
いやいや…
引越しお疲れ様です つ「引越し蕎麦」

>「実際の」事故
知らずに企画を通してたりすることも大いにアリそうな…

そもそも、1作たりとも見ていない、海保ヲタにあるまじき私がコメントする立場では無かったれす。
…柳の下に泥鰌って4匹もいないと思うけどなー
2011-09-16 11:39 : nanashi URL : 編集
Re: うーん。
> 30年近く時間が経過しているとはいえ、羽田沖は「実際に」事故が起きているのでまずいのと違います?

うーん、となると舞台が東京湾になるという線は難しいかもしれませんね。ハドソン川の奇跡を参考にしたと称して、死者が出ないように原作設定すら改変する可能性もありますが。

>  2と3の間に単発企画(踊る大捜査線方式)があったらしいです。

テレビスペシャルですかー。確かにフジが人気作でそれをやらないのは不思議だったんですが、企画自体はあったわけですね。
踊るを参考に救難とは別の話を2時間くらいやって最後に仙崎登場!でもおもしろかったかも
2011-09-16 17:01 : 蒼海管理人 URL : 編集
Re: いやいや…
> 引越しお疲れ様です つ「引越し蕎麦」

この引っ越しが吉と出るか・・・
微妙に使いにくい部分があったりするんで、ちょっと慣れるまで時間がかかりそうです。

> そもそも、1作たりとも見ていない、海保ヲタにあるまじき私がコメントする立場では無かったれす。
> …柳の下に泥鰌って4匹もいないと思うけどなー

自分も第1作以外は映画館では見てないですな。どうも違和感があって。
なんか自分の知ってる海保と違う・・・みたいなw
2011-09-16 17:03 : 蒼海管理人 URL : 編集
Re: Re: うーん。
続報来ました。
やはり撮影場所は東京湾、しかも羽田空港周辺です。

「海猿」第4弾、テーマは航空機海上着水-撮影は羽田空港周辺で?
http://haneda.keizai.biz/headline/870/

 映画「海猿」シリーズの第4弾「BRAVE HEARTS 海猿」の製作が9月9日、発表された。テーマは航空機の海上着水で、撮影は羽田空港周辺で撮影が行われる模様だ。
2011-09-16 18:18 : 蒼海管理人 URL : 編集
え゛ー…
舞台が東京湾というだけで、ロケはしないんじゃないかなー…とか希望的観測を。
だって、ホントに羽田沖でロケするとなったら、エリアを決めて他の船締め出さないと撮影できないでしょう。

んなアホなことに海保が協力するとは考えたくはないですが…
2011-09-16 19:50 : nanashi URL : 編集
No title
次は
特救GO!さいとう・たかを
で。
2011-09-16 22:45 : 通りすがりのうみまる URL : 編集
No title
エキストラの募集ページに撮影場所と内容が書かれています。
割と陸での撮影なんじゃないですか?海上保安官役も募集してるようです

https://area34.smp.ne.jp/area/table/4633/iabI4b/M?S=tdmg2lgshr
2011-09-16 23:10 : あきづき URL : 編集
ありますね。
>エリアを決めて他の船締め出さないと撮影できない

 D滑走路の例がありますから、2のように別の場所でやってやれないこともないですが・・・

@テレビスペシャル

 「機動救難隊」に配属されたのにその部分がこれまでの「潜水士」とあまり描写が違わないことから、もう少し深化させて描こうとしたのと2で婚約しただけで、「結婚した」のは3で指輪していたからという状況証拠だけという非常にオイシクない描き方をしているので、その辺を。

 コケた理由は正直判りません。

>知らずに企画を通してたりすることも大いにアリそうな…

 もう往時を知る人間も少ないですしね。
 
 
2011-09-16 23:18 : HMS URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

Lc.ツリータグリスト

ブログ内検索